スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロに縁がある監督あおきえい

「Fate/zero」のあおきえい監督が数年前に監督を務めたアニメ「喰霊零」。
人気はさほど出なかったものの、斬新な事に挑戦した姿勢はもっと評価されるべき。

原作の過去の話をオリジナルストーリーで描いた「喰霊零」の構成。
放送前にオリジナルキャラクターである主人公を中心としたオリジナルストーリーと発表。
一話で主人公と発表されていたキャラとその仲間達が諌山黄泉により全滅させられる。
二話で原作ヒロイン土宮神楽と神楽が慕っていた諌山黄泉が敵対している事が判明。
三話で原作より少し前の話にあたるアニメ一話よりさらに前、神楽と黄泉の出会った頃の話が描かれる。

「Fate」で例えるなら「Fate/stay nigth」がアニメ化されると思ったら、過去話にあたる「Fate/Zero」がアニメ化され主人公はアサシンのザイードさんと発表。
原作に沿ってアニメを作るのは常識であり、原作の世界観を壊すオリジナル展開は原作レイプと叩かれまくる。そんな状況でここまで思い切った事をやるには勇気が必要だったでしょう。

アニメが原作ファンから評価されたのかは分りませんが、個人的にはそこそこ面白かったです。
大抵の作品は穏やかな日常から始まり、何か事件が起きて段々とシリアスになっていく。
喰霊零は逆でシリアスから入って穏やかだった頃の日常を見せる。
先に悲劇を見せておいて、どうしてそうなったのかを見せるのは珍しい。
もし神楽と黄泉の出会いから話を始めたら前半の何話かがただの神楽と黄泉のいちゃいちゃに見えるけど、悲劇を先に見せるおかげで神楽の失った物の重みを考えながら見れるのは上手い構成だなと思いました。

宮崎駿のルパン三世

宮崎駿(照樹務名義)脚本演出のルパン三世TV第2シリーズ「さらば愛しきルパンよ」「死の翼アルバトロス」

冒頭のルパン達がすき焼きを食べるシーン、ラピュタの空賊みたいなスーツ、ナウシカみたいなヒロインやロボット兵、髪がぶわっと逆立つ等々。
後のジブリ作品に通じる宮崎駿らしい演出が見られますが…はっきり言って普段のルパンじゃない。
顔が違ったりとか銭型の服装とか色々あるんですが、特に不二子のキャラが変なことになっている。
不二子はいつもはセクシーな動きをするんですが「死の翼アルバトロス」では胡坐をかき、飛び膝蹴りで男二人を同時に倒すなどワイルドで逞しすぎる。ナウシカやサンかよ!と突っ込みたくなる程。

宮崎駿はTV第2シリーズに不満を感じたのでこの二作品を制作したらしいですが、そこで普段のルパンと全く別物を作るのは問題あると思います。普段とイメージが違いすぎる為に日本テレビスタッフが没にしようとしたらしいですし。宮崎駿は自分の色を作品に出し過ぎるから完全オリジナルの方が上手く作れるんじゃないかなぁと考えさせる話でした。
プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。