スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マギ159夜感想

ライラとサアサだけじゃなく共に砂漠越えをしたキャラバンの人達もアラジンの出会った人の中にいましたね。
作中では殆んど出番がありませんでしたが、あの人達と一緒にいた時間は結構あるはずなんですよね。

「君たちは愛する者とは違うのだ」
バルバッド編ではアリババとカシムの違いについて、マグノシュタット編では魔導士と非魔導士の違いについて描かれています。この「他者との違い」というのは「マギ」のテーマの一つのようですね。
このテーマは戦争ものでは割とよくある気がします。争いというものが他者との違いから来る事が多いので、どうして争うかを突き詰めて行くとこのテーマになりやすいのでしょうね。

「とある人の不貞の有無の検証にちょっとね」
不貞なんて言葉は昔のアラジンだったら使わなかったでしょうね。こんな言葉からアラジンの成長を感じられるのはなんだかなぁという気がします。
真剣な表情のまま変な事をアラジンが話すので、スフィントスはまた「???」となっていました。ティトスとアラジンの会話の時もそうでしたが、スフィントスは会話でよく置いて行かれますね。
学長の使った「遠隔透視魔法」はかなり高等な魔法のようですが、そんなものを使えたヤムさんはやっぱり天才だったんですね。

「その目で見なさい。ゴイが支配する国に生きたとある魔導士の運命を…」
映し出されたのは70年前の学長。この時に娘がいたという事はモガメット学長は現在90歳以上ですかね。
70年前の魔法は命令式の体系化が不十分で、魔導士への負担が大きかったようです。
それにも関わらず王家が権力のもと強制的に魔法を使わされた所為で、モガメットの妻は魔力切れで亡くなったそうです。これは五等級国民より酷い扱いですね。五等級の大人達は無能だったからあの扱いになっていますが、昔のモガメット達はそれとは事情が違います。

「えらくなったものよのう」
国民に感謝される魔導士をよく思わない王の側近達。魔導士の立場がよくなれば自分達の地位が脅かされるので、こういう人達も当然いるでしょうね。
魔導士が活躍した場合、実力主義のシンドリアなら扱いが良さそうですが、バルバッドだとムスタシムと同じような事になりそう。

今週の話を読んだ感じだと魔導士を魔法によって洗脳しているという線はほぼ消えましたね。
少なくとも白だったものを黒に変える程の魔法による洗脳はなさそうです。
あの映像を見てしまえば非魔導士からチヤホヤされる事にも違和感を感じなくなるでしょうし、マグノシュタットのやり方に不満を持つことはなくなるでしょう。

モガメット学長が堕転していないことが恐ろしい。
妻が死んでしまい娘も恐らく酷いことになったはずなのに運命を呪っていない。
マグノシュタットであんな事をしていながらカシムやドゥニヤと違って堕転していないということは、モガメットは正しい方法で運命を乗り越えている事になるんですよね。
堕転を否定するだけではモガメットの行為を否定出来ない。アラジンはこれに対してどう立ち向かうのかが気になります。

マギ158夜感想

アラジン曰くモガメットはアリババに負けないくらい優しいらしい。アラジンの人を見る目は今のところ確かだと思うので、そこはその通りなんでしょうね。
ただその優しさがゴイ(非魔導士)にも向いているかどうかはまた別の話。ゴイを家畜と同じと考えている人達にとっては、ゴイにしている事は差別ではなく区別になりますからね。同じではないから優しくする必要すら感じていない印象を受けます。争い滅びない為に言葉が全世界共通になったのではと紅炎は語っていましたが、言葉が通じてもこれじゃあ難しそうですね。
モガメットは問題も色々ありそうですが、自分の事しか考えていない大聖母と違うというのは今回で判明しましたね。まぁマギが実験動物にされないかとヤムさんが心配していた理由、ティトスとアラジンに戦わせた理由などまだ引っかかるところは多々ありますが。

「愛する家族や恩人たち…心を分け合える大好きな友人たち」
アラジンにとってウーゴくんと黄牙のおばあちゃんとヤムさんは家族や恩人に入るけど、シンドバッドや白龍はそうではないようです。まぁあの2人とは親しいという程の仲でもないからこうなるとは思っていましたが、ヤムさんが大切な人に含まれたのはちょっと意外でした。この調子だとそのうちティトスやスフィントスだけじゃなくマイヤーズ教官すらも含まれそうです。

思想教育では魔法によって洗脳するのかしないのか…学長自ら教壇に立っているのは魔法を使う為なのか。魔導士という存在が一体なぜこの世界に生まれたのかという謎にも突っ込んでいくようで来週が楽しみです。
マグノシュタットはムスタシム時代から魔法の真理を追究してきた研究機関なので、次回語られる内容もただ魔導士が優れてるとかを話すだけではなく真面目になぜ魔導士は生まれたのかを話してくれるでしょう。
本編で触れるかはわかりませんがモガメットとロリヤムさんについては大高先生が今後堀り下げそうな気がします。

マギ157夜感想

暗い地下空間が舞台だからコマ枠の外を黒く塗っていたのか!
そんな事に今頃気がつきました。

ティトス対ドロン。
マルガを守るために魔力を使いすぎたティトスは単純な熱魔法しか使えず、植物の化け物を倒すところまでは行きませんでした。ティトスに力が残っていない事を悟った植物は容赦なくティトスに襲いかかる。この植物意外と賢いですね。腹に大きな穴が開きながらも戦おうとするティトスには奥の手があるそうですが、この力を使ったら何となく死にそうな気がします。
アラジンがマギとしての力を使おうとしましたが、そこまでしなければならない程あの植物は強いんですかね?
ティトスと違って魔力を殆んど消費していないアラジンなら…と思ったけど「ウーゴくん」を発動したりしていましたね。

ドロンの植物を瞬殺するマイヤーズ教官!
ありがとう教官(おっぱいのことではない)。見た目はSMの人みたいな感じなのに頼りになるしカッコイイ。頼りになる大人の男は多いですけど、大人の女というのはあまり見ない気がします。上級魔導士の強さというのはどの程度なんですかね。少なくとも青舜よりは上でしょうね。
「杖をおさめろ…貴様と殺しあうのは忍びない!」
必要とあれば教え子のアラジンだろうと殺す気なんですね…軍人気質なのでマグノシュタットの為ならばどんな戦いでもやりそう。煌帝国と戦争する事になったら紅覇と戦ってる姿を見てみたいものです。
ひょろっちいドロンがマイヤーズ教官の弟だったとは思いませんでした。弟の方はどこかの軍人をやっていたようには見えないですね。

最近スフィントスの株が地味に上がっている。
見張りの人達や教師を眠らせたりティトスを治療したりと結構活躍してるスフィントス。アラジンやティトスと違ってマグノシュタットのことなんてどうでもいいはずなのに、ここまで仲間の為に身体を張ってくれるとは。とりあえず役立たずと言ったティトスはごめんなさいしないといけないな!

マギ156夜感想

magi10.jpg
ここ最近の表紙は赤青黄の信号トリオの正面図という縛りで描いていたという事にようやく気がつきました。
アラジンの時は「アニメ化決定」、モルさんの時は「アニメ発動」…アリババの時だけ特にデカデカと告知することがないという。いまいちパッとしないところがアリババさんらしくて良いと思います!
magi11.jpg
カラーページはモルジアナ、マスルール、アレキウスのファナリス三人組。詳しくない人が見たら兄弟に見えそう。

以下本編の感想。
ウーゴくんに似せて作らなくても魔法名はウーゴくんのままなんですね。
魔力を奪われ続ける生活でもムスタシム王政時代よりマシと話す地区長。以前は干ばつの時にどこに魔法で雨を降らせるか王家が決めていた為に、国民の全てが自由に魔法の恩恵に与れるわけではなかったそうです。これは魔法を独占していた王家が悪かったというよりは、魔導士等の数が足りなくて止むを得ずという気がします。

ムスタシム時代からいた大人達は以前より生活が改善した事と能力がない自分達の責任という事で、五等級国民である現状を受け入れていますがその子供達は違うようです。無能な親の所為で五等級国民として連れてこられた子供達や、五等許可区で生まれたマルガの様な子供達は生まれによって運命を決められたようなもの。
これは運命を呪ってもおかしくないですね。もしかしてアルサーメンはそれを狙ってたりするのでは?
教育施設が整っておらず文字を教えられる人間すら少ないとなると、本人の努力だけではどうにもならないですね。煌帝国は夏黄文の様に貧しい村の出身でも本人の努力である程度出世出来ますが、マグノシュタットはそうではないようです。マグノシュタットの道具による生産性の向上は近代化のように見えますが、身分制度に関しては逆方向に行っている気がします。

「外に出たいなら、ボクが連れて行ってあげるよ」
ティトスは優しい性格でいい子なんですが世間知らずで考えが甘いところが…逃げ出した国民達がその後の生活をどうすればいいか恐らく考えていないでしょうね。
こんな事をやっていると知ったらシェヘラザードさんはまた怒るだろうなぁ。
巡回に来た魔導士は身体が細すぎますね。肉体も鍛えるべきと考えてるマイヤーズ教官とは馬が合わなそう。魔力切れ間近という事で穴に捨てられたマルガを救いに行くアラジンとティトス。この後はどうなるんでしょうか?
さすがにあれだけの魔導士がいるとなると眠らせてというのは無理でしょうから、勝手な事をしていたのが魔導士達にバレる気がします。まぁアラジンとティトスは優秀な人材なので、バレても即死刑なんて厳しい処分にはならないと思いますが。

BSは慰安旅行煌帝国編。
「だれかいっしょに行きましょう」と主張してる紅玉がぼっち可愛い。ヴィネアと海で大暴れは周囲に甚大な被害が出るのでお願いします止めて下さい。家から出ない派の紅明は疲れているのか面倒なだけなのかどっちなんでしょうか。
山派は白瑛、白龍、青舜の三人、「お弁当作りますよ」とコメントしている白瑛さんのドヤ顔がじわじわくる。温泉派のジュダルと紅炎は温泉に入りたいわけではなさそう。マッサージに行く紅覇は従者の魔導士も連れて行くんでしょうか。

マギ155夜感想

男女が裸になりヤリまくったりと5等許可区に住んでいる街の人達の生活が色々と酷い。こんな描写のある作品のスピンオフなんかをコロコロコミックでやっていいのかなぁ…。
魔法道具の動力は予想通り貧しい非魔導士。肉体労働しか能のない人達の仕事が道具に奪われてというのは、現実でも起きていることですね。働かないで食べ物が貰えるのでカシム達よりは生きるのに苦労はしないけれど、餌を与えられるだけの家畜と同じ扱いを受け人間としてまともに扱われない。
「地上で頑張ってる4等以上の奴らの方がバカみたいだよな」と話していた男はそう思い込まないとやってられないんでしょうね。外の世界を見たいマルガと自分を重ね合わせているティトスはマルガに何かしてあげたいと思ってそうだけど…マルガが幸せになる未来が思い浮かばない。
プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。