スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ版アクセルワールド8話~12話感想

さすがサンライズ!
インビンシブルの戦闘シーンはメカとミサイルを沢山描いてきただけあってカッコいい。これを見れただけでもアニメ化した意味があるといってもいいくらい凄かった。アニメではシルバークロウが善戦してた風に見える。原作ではフィールド効果で助けられた部分があったからね。

買い物に行ってニコが親子の姿を眺めるところはいい演出!
この時点ではニコが母親に甘えたい年頃だろうという意味しか持たないけど、後にニコが孤児である事を知るとまた別の意味を持ってくる。アニメはこういうちょっとしたオリジナル要素がいい仕事してますね。連絡入れるパドさんとか。

レッドライダー殺害の映像は原作と違い他の王の姿が映されてて情報量多いなぁ。原作だと台詞だけで姿が映ってない人いるし。アニメはチェリールーク(リアル)の姿が見れたりと、原作では姿が不明なキャラがどういう奴なのか見れるのがいいですね。

イエローレディオ戦と巨大エネミー戦ではファンが考えたオリジナルアバターが登場。
基本的にやられ役だけどブラックロータスを掴もうとして指が切り落とされたアバターはおいしいポジションだったと思う。無制限中立フィールドで巨大エネミーが出てくる回は絵が動かない手抜き回だったけど、その後のイエローレディオ戦が非常に良かったからそんな気にはなりませんでした。全ての回が素晴らしいのは京アニくらいなもんよ。

アニメ版ソードアートオンライン1話感想

ゲームを入手したクライン(現実)の姿がネットで配信されてる。動画の横に表示されてるコメントが「転売厨乙」「SAOって何て略すの?」と面白い。
原作の細かい設定説明はアニメだとやっぱり省かれるのか。ああいう細かく考えられてる設定も作品の魅力なんですが…まぁ仕方がないですね。デスゲームの開始してキリトが一人旅するとこまで進みましたが、説明が省略されてることも考慮すると割とゆっくり進んでる。
ヒロインより先にセリフのあるシリカ…何でここで出てきた。
茅場晶彦の声が山寺宏一さんというのに驚きました。子供向けアニメや硬派な大人向けアニメばかり出ているから、こういう深夜アニメに出てくるとは思いもしなかったですね。個人的に山寺さんが出演するのは有名な小説家が「SAO」を絶賛するのに匹敵するくらいの出来事。

OPのイントロいいですねぇ。壮大な物語って感じがします。
幼馴染三人が目立つ「AW」のOPと違って、「SAO」は主人公とヒロインの物語である事を強調してる印象。
二人の食事シーンまで映されていますし、そういう作品なんだなと改めて認識しました。OPで戦闘シーンとかじゃなくこういうイチャイチャシーンを入れるのってあんまないですよね。

不満としてはステータス画面等が質素なのとモンスターがあんま怖く見えないところ。怖さが足りないのはモンスターの描き込みが少なくシンプルだからですかね?
ステータス画面等は「AW」と比べると地味ですねぇ。これは時代設定の差ということにしておきましょう。

アクセルワールド三巻四巻

話が繋がっているのでまとめて感想を。
三巻と四巻には一巻の面白さと似たものを感じました。
どん底に落とされたハルユキが新たな出会いをきっかけに這い上がる構造は一巻のそれとよく似てますね。
二巻は他の王の登場とかで面白いっちゃあ面白いけど、一巻を読んだ時の様なカタルシスは足りなかった。
そんなわけで今回の話の方が個人的に面白いと思いました。

心意システムの説明を最初に聞いた時はチートすぎるだろと思ったんですが、ちゃんとリスクもあるし出来ることにも限度があるわけですね。災禍の鎧もこれと関係ありそう。
ハルとタクが騎士としてチユと先輩を守っていたつもりなのに、最後は逆に助けられた形になりましたねぇ。先輩が色々と凄いのは知っていたけど、チユがあそこまで頭が切れるとは思いもしなかったです。

加速研究会の人達はゲームを楽しむ為じゃなく加速を使う為に戦ってるようなので、多分レベル10になる気はないんでしょうね。もしレベル9まで上がると他の王から狙われるかもしれないしデメリットが多すぎる。どうでもいいけどブラックバイスがディエンドに似てる。
ディエンドの能力的にはダスクテイカーだけど。

バーストポイントが0になると記憶改竄され、ブレインバーストに関する記憶がなくなるのは読んでてゾッとしました。記憶が消える設定自体はありきたりだし驚く程ではないんですが、問題はその記憶改竄する仕組みの方。
自分の身体の中にあんなやばいものを取り込んでると考えると…あれはウイルスに感染したPCの気分を味わえそう。不思議な力で記憶が消えるとかの方が案外恐怖は感じないのかも知れない。

アニメ版アクセルワールド4話感想

もうちょっと演出はなんとかならないのでしょうか?
車が突っ込んできて周りの人が逃げてるのに二人だけ動かずバーストリンクと叫ぶのとか、先輩がハルに想いを伝えて身体をはる大事な場面のあのBGMはないわー。あとあそこは説明とかを極力省くべきだったと思います。感動的な場面なのに説明があると見ていて入り込めない。EDに入るところはテンションあがるし良かったんだけどなぁ。次回は戦闘回なので期待!

バーストリンクと口を大きく動かし声に出す方が映像的に映えるのは分るけど、あれってバーストリンカー以外が見たらシュールな光景だと思う。
ハル&タク「バーストリンク!」
病院内の人「あの子たち何でいきなり叫んでるの?」
こういう風に見られてもおかしくないですね。

アニメ版アクセルワールド3話感想

今回はずっと喋ってた気がします。
詰め込み過ぎて台詞と台詞の間がなくなってますが、説明不足になってしまうよりはいいと思います。
王達やブラックロータスの姿を出さないようにイメージ映像的な感じでやったのは良かったです。
タクとの会話はオリジナルか。
タクは好きだから出番増えて良かったけど…何かホモくさい(笑)
ここのシーンは二人が親友であることが伝わるし入れて正解。原作では出番少なかったからねぇ。
一話は端折り過ぎと感じたけど、今は詰め込み感はあるものの結構丁寧にやってくれてるし、このままなら先の展開も期待出来る。アクセルワールドは作画もキャラデザも良いし恵まれてるなぁ。PVで凄い凄い言われてた境ホラよりも出来がいいんじゃないだろうか。
欲を言えば先輩の滑舌をもうちょっとよくして欲しい。あとハルの卑屈さが足りない!
心の声でその辺をやってくれないと成長したときのカタルシスが得られない。
プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。