スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマイルプリキュア感想と考察2

スマイルプリキュアは話が全然進まない。
5人と数が多いと各キャラの初登場回と掘り下げ回だけで10話は使うので、ストーリーが大きく動いたり出来ないのは分かります。けどもう少し何かあってもいいんじゃないかと。
20話までの内容を見ても相変わらず絆を深める回とキャラの掘り下げ回とプリキュアの基本的な話ばかりなんですよねぇ。「仲間といると楽しい、誰かを喜ばせたい、一生懸命頑張る」というのをテーマにした回をやってるだけで、今のところ大きなストーリーの流れを感じない。
他の作品が20話やってる頃には既に謎のプリキュアが出たり、謎の転校生が来たり、敵組織に大きな動きがあったりしてるのに…ピエーロ様復活までは殆んど何もなさそう。

以下思いついたこと羅列

10話と12話と15話 誰かのために一生懸命頑張る気持ちの大切さ。
16話と17話 どうしてそれをするのかといった自分の行動原理を振り返る。
10話と15話はよく似た作りで親の為に一生懸命頑張ったみゆきとあかねの話。そして両方ともウルフルンさんが酷いことを言っていく。10話ではみゆきがあかねを庇い、15話ではあかねがみゆきの為に怒る。一番最初にみゆきの為に怒ったのがあかねというのが良い。


ウルフルン
相手が一生懸命やっていることを下らないと否定する事が多いけど、人の努力をくだらないと主張するウルフルンさんこそ努力してるよね。結構酷いことを言うので三人の中では一番悪役っぽい。
バッドエンドが決められてる悪役だからと腐らずに、勝ち組になろうとする心意気だけは素晴らしいと思う。努力の方向性は間違ってるけど。

アカオーニ
嘘をつくのは最高、勉強なんかしなくていい、大凶の奴と一緒だからそうなる。
ウルフルンが一生懸命にやってる相手を見下すパターンが多いのに対し、アカオーニは子供たちにやってほしくないことを勧めるパターンが多い。
やよいが困ってる時に憎まれ役を演じサポートしてくれる良い人という噂がネット上ではあるとかないとか。
まさか泣いた赤鬼のオマージュ…泣いた赤鬼で憎まれ役だったのは青鬼だったけど細かいことは気にしない。

マジョリーナ
虫の羽が生えて妖精さんみたいになったり、アリエッティ的な小人の世界を体験したり、入れ替わりキャンディの身体で戦うプリキュア。
マジョリーナ登場回では映像的な意味で普段とは違う姿が見れることが多い。不思議な世界を子供たちに見せる役割を担う紅一点。20話ではキャンディが拾ったカメラでみゆきとあかねが見えなくなるらしいです。
というかまたキャンディが原因…駄目だコイツはやくなんとかしないと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。