スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外天楼の構成が素晴らしかった

外天楼 (KCデラックス)外天楼 (KCデラックス)
(2011/10/21)
石黒 正数

商品詳細を見る

石黒先生の外天楼読みました。「極上の異世界ミステリですよ」と新房監督が帯に書いていたんですがその通りでしたね。
エロ本から始まり、宇宙刑事、ロボットと色々な話が出てきて、推理とコメディを含んだ短編集みたいな感じかと思ったらまさかの…。伏線が多くちりばめられ、終盤でそれが次々に回収されて意外な真相が解明される様はまさしくミステリ。石黒先生の構成力は凄いなぁ。読み返したら最初とは別の視点で見えてきそう。

「それでも町は廻っている」も良いんですが、個人的には「ネムルバカ」とかそういう一巻完結の方が好き。石黒先生の良さは引き出しの多さだと個人的には思っているので、長期連載作品を何冊も買うよりは色々な話が読める短編を何冊か買う方が楽しいです。まぁこの辺は好みによるので何とも言えないですけどね。

「外天楼」に限らず石黒作品はSFと推理とコメディのどれか一つでも興味がある人にお勧め出来る作品です。
グロ系でも萌え系でもないスッキリとした絵柄ですから、絵で敬遠する人は多分少ないんじゃないかと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。