スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハートキャッチプリキュアはここが違う

ハートキャッチプリキュアはプリキュアシリーズの中でも異色の作品。前作のフレプリも頭身やデザインがそれまでの流れから変わっていてたけど、ハトプリはそれ以上に変わっています。
キャラデザが名作おジャ魔女どれみの馬越嘉彦さんであるなど、放送開始前からこれまでのプリキュアとは何かが違うと感じる人も多かったでしょう。作画などのレベルが高いだけでなく他の作品と違うところがいくつか見られます。今回はストーリーに関しては省き、それ以外のところを取り上げる方向で。

プリキュアを演じる声優
作品ごとの平均声優歴を見ると初代から順に平均10年、6年、9年、9年、15年、10年、9年。
ハトプリは平均15年と他作品に比べ明らかに長い。ハトプリで一番声優歴の短いマリン役の水沢史絵さんですら8年。一番声優歴の長いムーンライトさん役の久川綾さんはセーラームーンにも出ていた大ベテラン。
主人公ブロッサム役の水樹奈々さんは多くのヒット曲を出す超人気の声優だったりと、色々と話題になったキャスティング。まぁプリキュア役はオーディションで決められるそうなので、キャリアの長さは作品と関係ない気もするけど。

キャラの色と性格の組み合わせが他の作品とは違う
プリキュアシリーズはスーパーヒーロー戦隊と同じでイメージ色とキャラに規則性がある。
ピンクは明るく元気、青はクールで大人っぽい、黄色は身長が低く可愛い系。放送中のスマプリもこの規則に従っているけれど、ハトプリのキャラ達はこれとは正反対。ブロッサムは内気で引っ込み思案、マリンは元気なムードメーカー、サンシャインは背が高く生徒会長も務まる僕っ子。
特にマリンは青らしさ皆無のキャラなので歴代の青と並ぶと浮きまくる。ギャグ担当みたいなところがあるマリンだけど、無茶するブロッサムを落ち着かせたりと結構しっかりしてるしそういうところは青らしい。

挿入歌の多さ
作品によっては挿入歌があったりなかったりする中で、ハトプリでは各キャラの歌が一曲ずつ用意されている。使われた回数も多くて全部合わせると10回ちょい、つまり計算上五話のうち一話は挿入歌がある事になります。
これは他の作品には見られないハトプリならではの演出です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。