スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀の匙は内容が濃すぎて胃に悪い

銀の匙はようやく遊び部分が増えてきたかなぁという印象。
一巻や二巻の頃は主人公に対して問題が毎回のように突き付けられ、数話でそれの答えを学ぶという非常に濃い内容でした。八巻以内で完結するんじゃないかと思う程にテンポが速いですね。
ストーリー構成や読者にメッセージを伝える点においては完璧すぎる内容で、気持ち悪いくらい出来が良いんですが重いんですよねぇ。無駄のないそれはまったりとした気分で読めないので、もっと本筋に絡まないしょうもない話が欲しかった。そう思ってたところにギャグっぽい話も増えてきた三巻がきたので何か安心しました。

生活するために自分達は動物を殺しているという自覚を持つこと。夢はないけど自由な八軒と家業に縛られた不自由なクラスメイトとの対比。そうしたテーマは相変わらず描かれていますが、重くるしい話の割合が全体的に減ったから気軽に読めるようになりました。
グレンラガンの劇場版を二本続けて観た時も似た感じのことを思ったんですが、薄っぺらい話は駄目ですが濃すぎるのもそれはそれで考えものだなと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。