スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセルワールド二巻

黒雪姫の過去が少し明かされたニ巻。
大事な人との関係を壊したくない。その為に強くなろうとするクロウとチェリー。
ゆっくりと強くなればいいと先輩に言われても、そう簡単には受け入れられないよなぁ。ハルユキは根が純粋で一図なので、先輩が大事であればあるほど期待に応えようと無理をしてしまう。チェリーもニコとの関係を壊したくなかっただけなのに焦って強くなろうとした結果ああなってしまった。ハルユキも一歩間違えればああなるのか。
他人の目を気にして他人と比較するのではなく自分を基準とする。自分の力はすぐには変えられないが、意識は変えられる。正義の味方に憧れてたどっかの誰かも「誰かに負けるのはいい。でも自分にだけは負けたくない」と言ってましたね。

可愛くても二歳下の妹的存在は微妙…。加速世界がなくたって平均的に中学一年生の男子より二歳下の女子の方が精神年齢高いでしょうし。今回はタクムがカッコよかったです。罪を償うために自分を犠牲にしても仲間への忠義を尽くす!

加速世界にいれば永遠ともいえる時間を得ることが可能。
寿命を延ばすのではなく体感時間を引き伸ばして、相対的に寿命を延ばしたようになるというのが面白い。
今の人間からしたら不老不死に限りなく近くなれる世界を手に入れたものだから、これを失いたくないと思うのは当然だと思う。タクムなんかはそれほどでもないが主観時間で何十年も過ごしてそうな王からしたら、加速世界を失ったら寿命が一気に減らされたのと同じなんじゃないだろうか。

文章は一巻に比べて随分と軽くなっている気がします。これが編集の意向なのかSAOと違い執筆時間が制限されてるからかは分らないけど…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。