スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バタフライエフェクト 感想

タイトルからも分かるように所謂ループをテーマにした映画。
序盤は主人公の幼少期のエピソードが幾つも描かれるのですが、先が気になるところで急に次のエピソードに場面が変わる変な構成。開始から数十分はその構成に違和感を感じますが、話が動き出せばその構成の意味が分かり一気に面白くなります。

ところどころ記憶が抜け落ちている主人公は日記を読む事で幼少期に戻り、記憶にない部分の改変を行う事が出来、改変をすると元の時代に戻り周りの環境が変化している。
ループする度に親友が廃人になったり、ヒロインが死んだりするので主人公はより良い結果を求め何度も繰り返す。ようやく昔の友人達が皆幸せに過ごす世界に辿り着いたと思えば、代償として主人公は手足を失っていた。好きだったヒロインが友人と仲良く過ごす姿を羨ましく思い、母親の病気をきっかけにまたループを行ってしまう。
大切な人を守る為にはどうすれば良いか。自分の事だけを考えるのではなく、本当に相手の幸せを考えるのなら愛する人から遠ざかる事も必要。シュタインズゲート好きな人は見ておいて損はないです。

唯一引っ掛かるのは主人公が何度ループしても基本エリートになるところ。友人達の変化に比べると一人だけ変わらなすぎです。
スポンサーサイト

テーマ : 同人イベント
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。