スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気を落とさず引き伸ばしをするテニプリ

①主人公の子供時代からプロ時代までを描く作品
例 MAJOR、キャプテン翼
②主人公が部活の全国大会で勝利する事を目標にした作品
例 スラムダンク、アイシールド21
③主人公がプロの世界で活躍する作品
例 はじめの一歩、ONE OUTS
④主人公が1人ではなく途中で変わる作品
例 キャプテン

スポーツ漫画には幾つかタイプがあるが、このうち②のタイプの漫画は引き伸ばしが難しい。
その理由として主人公がスポーツをする期間が短く、全国大会優勝と引退というゴールの存在が挙げられる。
ゴールが決まっているので試合の回数は自然と限られ、非常に人気が出ても引き延ばしには限度がある。
練習試合を増やすという手段もあるが、公式試合に比べると盛り上がりに欠ける。
主人公を1年や2年に設定し引退までの期間を延ばし、試合の量を増やす事も出来るが欠点もある。
それは3年に人気キャラを作ってしまった場合、主人公が引退しなくても3年が引退する事で人気が下がり、引き延ばす価値がなくなる可能性が出てくる。こういった人気キャラの消滅問題は作品を②から①や④のタイプに変更する時にも起こり得る。
この問題を上手く解決したのが新テニスの王子様である。
テニプリは全国大会優勝で一度完結したが、U-17選抜大会編を作り新しく連載を開始した。
この大会では高校3年以下の選手が参加するので、手塚や不二ら主人公の学校の3年だけでなく、他校の人気キャラも参加出来る。
そして全国クラスの中学生よりも格上の高校生という敵を用意する事で、今まで以上に過激な試合を描ける。
キャラ人気が高いテニプリにおいて、この展開はベストであったと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。