スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信長協奏曲は主人公が無知すぎて面白い

信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2009/11/12)
石井 あゆみ

商品詳細を見る

JIN-仁-、ジパング等の昔へタイムスリップする作品で主人公は以下のものを大抵持っています。
昔には存在しない治療法や武器等の道具
歴史を知っている事で得る予知能力もどき
昔の人々とは違う現代人の価値観

しかし信長協奏曲の主人公サブロー(織田信長の代理)は勉強が好きではなく、織田信長が誰に殺されたかも分らない無知っぷり。持っているのは教科書(途中で無くすけど)と現代日本人としての価値観だけ。
タイムスリップものではよく過去改編の危険性について触れられますが、歴史をろくに知らず教科書も無くしてしまったのでサブローは過去改編について考える事も出来ない状況。
他にもタイムスリップした人がいるんですが、歴史に疎いヤクザだったりと未来から来たアドバンテージがあまりない人が活躍してしまうのが信長協奏曲の個性の一つだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。