スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人的に印象に残った2011年アニメ界に起きた出来事まとめ

オリジナルアニメのヒット
「まどか☆マギカ」 「TIGER&BUNNY」「あの花」とオリジナルアニメが大成功。
その他にも聖地巡礼が話題になった「花咲くいろは」「ウテナ」を作った監督の新作「ピングドラム」など良作が多かった。

おじさん大活躍
10代後半の少年が主人公、女キャラの方が多いという傾向がある深夜アニメの中で、おじさんが主人公で男キャラの多いFate/Zero、TIGER&BUNNYが大ヒット。
子育てをするサラリーマンが主人公のうさドロも人気が高く、おじさんが活躍した珍しい年。

パチンコ、パチスロ原作のアニメ
「戦国乙女桃色パラドックス」「Rio RainbowGate!」「快盗天使ツインエンジェル」のアニメ化。
2006年にパチスロである「吉宗」のアニメ化がありましたが、これ程の頻度でアニメ化されたのは恐らく初めての事。

サンライズの誤算
予算が少なく期待されていなかった「TIGER&BUNNY」が予想外に売れた一方で、お金をかけたであろう「セイクリッドセブン」がそれ程成功せず、新規ガンダムファンを生み出そうとした「ガンダムAGE」が不評であったりと力を入れている作品が上手くいっていない。

冨樫作品アニメ化
昔に連載していた「レベルE」をアニメ化し「HUNTER×HUNTER」を再アニメ化。
そのおかげなのか震災の影響なのか蟻編の終了なのか、原因は不明だが休載ばかりしていた冨樫が本気を出す。

オリジナルアニメのヒットやそれまで売れないと思われていたおじさん主役のアニメのヒットにより、今後のアニメの傾向が変わるかも知れない。まぁ「IS」のようなハーレムものが売れているのは相変わらずなので、そう簡単に変わるかは分らないですが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。