スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクエニ漫画は落ちぶれてきているのか?

スクエニ(エニックス)出身の漫画家は実力のある人が意外と多い。
超人気漫画「鋼の錬金術師」、サンデーの新たな看板「銀の匙」の荒川先生。
このマンガがすごいで一位をとった「聖☆おにいさん」、アニメ化した「荒川アンダー ザ ブリッジ」の中村先生。
ヤンガンで最初にアニメ化した「すもももももも」、サンデーで上位の売り上げを持つ「マギ」の大高先生。
アニメが人気だった「ハレのちグゥ」、このマンガがすごいにランクインした「ライアー×ライアー」の金田一先生。

これだけ素晴らしい漫画家を何人も持っていたのに、その人達は他社で描き始めるようになってしまう。
実力ある漫画家を失い、良い新人も見つけられず徐々に弱体化してきたスクエニが今やっている事と言えば…。
連載終了して間もないにも関わらず「鋼の錬金術師」の完全版を出す。
アニメ化した「ソウルイーター」「BAMBOO BLADE」「咲-Saki-」のスピンオフや外伝を始める。
「うみねこの鳴く頃に」「ひぐらしの鳴く頃に」のコミカライズを大量に行う。
「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」「緋弾のアリア」等の他社の作品をコミカライズ。

コミカライズは自社ゲームのコミカライズなど昔から多かったですが、他所の作品に頼りまくる事はそれまではなかった。ゲーム事業の方もリメイクばかりになっているしスクエニはこの先大丈夫なんでしょうか?
「ばらかもん」等の良作はガンガン以外の雑誌に多く、看板雑誌であったはずのガンガンは大分弱くなってしまったと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。