スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マギ 164夜感想

「本物の迷宮の魔法道具?」
マグノシュタットに魔法道具を渡したのはアルサーメンなんでしょうか?
迷宮の魔法道具をアルサーメンが所有していたのならアルサーメンは迷宮を攻略したか、もしくは迷宮攻略者から魔法道具を奪ったことになりますが何か腑に落ちません。12年程前にアルサーメン側に迷宮攻略者がいたのなら、もっと多くの迷宮が連中に攻略されていそうですし…別の方法で入手した可能性の方が高そうです。
マグノシュタットが賊に魔法道具を横流ししているとしたら、目的は隣国を賊に襲わせ国力を低下させることなのかも。そうでなければゴイが嫌いなマグノシュタットがゴイの中でも低俗な賊なんかに手を貸さないでしょうし。

「あなたの役目も終わりねティトス」
役目が終わったら残りわずかな時間をレームで過ごすようシェヘラザードに言われますが、マルガを残しているティトスにとってそれは不服なようです。シェヘラザードにとってティトスは使い捨ての駒に過ぎませんが、一応人権は尊重されているようでした。シェヘラザードは自国を救うためには色々な事をやっていそうですが、本質的に優しい人ではあるようです。
考えてみれば生まれた時から役割が決められ、役目が終わればお払い箱という点ではティトスもマルガも同じだったんですね。両者とも国を維持する為だけの存在で個人としての幸せを求める権利がまともに与えられていない。

「ほほう…キミは炊事が上手なんだな」
貴族の子息なのに炊事が得意なスフィントス。没落貴族で召使いを雇う金もなかったから自分でやっていたのでしょう。それにしてもスフィントスって扱い酷い…仲が良い証拠でもあるけど「かっこいいのは治癒魔法の時だけ」とかアラジンは結構厳しいことを言ってきますね。これ見てると白龍やジュダルからアラジンはアリババ贔屓と言われても仕方ない。
ジュダルの時もそうでしたがスフィントスからもアリババの名前が「アリババクン」と認識されている…。

「まだ…死にたくありません…!」
どうやらティトスは学長にマルガと同じように自分も延命治療してくれと頼むみたいです。
単なる悪役であれば治療する代わりにレーム帝国を裏切るよう交換条件を提示するところですが、学長はそういう人ではないのでどう出るか読みにくい。魔導師を救いたい人なのでティトスを無償で救うと言い出しても全然おかしくないので。
スポンサーサイト

テーマ : マギ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。