スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍に向いている漫画とは何か?

 数週間前からAmazon公式サイトにキンドル(日本でも)近日発売という告知ページが出来ました。 ようやく。公式で「近日発売」と言っているということは、2013年末くらいには発売するかな!と思ってしまうほどに、キンドルの日本開始時期とドラクエの発売日は信用していないですぼく。さっさと始まってくれることに越したことないですけどね! 電子書籍端末としてのキンドルが発売になることと、電子書籍の販売サービスとしての...
電子書籍に向いている漫画、紙媒体に向いている漫画



やまなしさんの記事を読んで電子書籍に向いている漫画って何だろうと自分なりに色々考えた結果、エロ漫画こそ電子書籍に相応しいという結論になりました。
アホらしい話と思うかも知れませんが、電子書籍と紙媒体の本の特徴を考えると結構相性が良いんですよね。


エロ漫画は書店で大きく取り扱われない
エロ漫画は置いてくれる店が少ない事は勿論ですが、目立つ場所に陳列されることもあまりありません。本の置き場所そのものが小さいコンビニでは相対的に目立つ場所に置いてあったりしますが、書店であればそういう事は少ないと思います。
特殊な店でもなければ漫画の新刊コーナーに置かれもしないので、書店による宣伝効果は普通の漫画に比べると期待は出来ず、紙媒体の漫画を書店に置くメリットが少ない。

漫画を読む以外のことが出来る
下品な話で申し訳ないですが…ぶっちゃけ片手が使えるという話です。
紙媒体の場合は基本読むときに両手を使いますが、他に作業する時は不便だと思うんですよね。

保存と処分が楽に出来る
ネットで電子書籍を購入する際には履歴が流出するデメリットはありますが、保存と処分の際には紙媒体にはないメリットがあります。
エロ漫画だと他人に見られない場所に保存する必要があり、普通の漫画よりも保存出来る場所は少なくなるので、置き場所に困らない電子書籍のメリットが発揮されやすい。
次に処分に関してですが普通の漫画であればブックオフ等で売るという事も出来ますが、エロ漫画だと売れる場所というのはかなり少ないのでそう簡単には行きません。
この様に売ることも捨てることも色々と不便なエロ漫画であれば紙媒体に拘る必要が特にありません。こういった理由から電子書籍に向いているのはエロ漫画という結論に至ったのですがどうだったでしょうか?

ちょっと調べて見たんですが電子書籍のエロ漫画は女性に重宝されているそうです。
他人の目を気にする女性の方がこういうのは求められているのかも知れませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。