スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマイルプリキュア感想と考察4

プリキュアと三幹部はなれあい過ぎではないか?
今までのプリキュアでは敵とのギャグ的なやり取りはあったものの、敵と対峙する時はそれなりに緊張感のある空気になっていました。しかし「スマイルプリキュア」ではプリキュアが三幹部に出会った時の反応が、何というかルパンの銭型警部に対する態度と同じくらい軽いノリになってきています。
38話「ハッスルなお!プリキュアがコドモニナ~ル!?」や35話「やよい、地球を守れ!プリキュアがロボニナ~ル!?」では特にその傾向が強かったです。

三幹部の方も悪役らしさを見せることが少なくなり、悪役らしさを見せたのは最近だとウルフルンさんがれいかさんをぼっこぼこにした選挙回くらい。それ以外の回では悪戯っ子が顔見知りに絡んでいる程度のものに感じるんですよね。
このなれあいは製作陣が意識的にやっているような気がします。
衝突しているうちに何時の間にか三幹部もプリキュア達にとって大切なものになり、救いたいと思うようになるとかそんな展開がありそうです。


怠惰な世界と輝く未来
中盤で復活したピエーロ様が「怠惰な世界」と話していましたが、それ以降怠惰に関するエピソードが増えている印象を受けます。
29話「プリキュアがゲームニスイコマレ~ル!?」では面倒くさいと宿題をやらずに放置し、32話「心を一つに!プリキュアの新たなる力!!」ではなまけ玉というものが登場しました。そして37話「れいかの悩み!清き心と清き一票!!」では三幹部が宿題を無くすなど怠けることを生徒達に勧め支持されていました。

前半2クールでは一生懸命やればそれでいいという努力礼賛や何故それをやるのかと動機を問うエピソードが多く、後半に入ってからは仲間との遊びで楽しい思い出作りや怠けていては駄目だと喝破するエピソードが多い。
簡単にまとめるとこんな感じですかね。
努力礼賛はお好み焼き作り、母の日のプレゼント、運動会のリレー。
動機を問うのは主にジョーカーに敗北した後。
思い出作りは海回、夏祭り、世界一周が該当します。

日常には辛いこともあるけど、本当の幸せを手に入れる為には気合いを入れて頑張ることも必要。
怠けていて楽な方へ楽な方へと進んでいると、輝く未来も訪れずバッドエンドになる。
頑張ることは大変ですが、そんな時に導き助けてくれるのが仲間の存在。
そういうものを「スマイルプリキュア」では描いているのではないかと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。