スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マギ160夜 感想

「尽してきた魔導士が…ついに皆に温かく受け入れてもらえた…」
この話をしている時の学長を見ているアラジンの目が優しかったですね。どんなに酷い事をモガメット学長がしてきていても、学長が心から嬉しいと感じている時にはそういう目で見てしまう。
ルフが見える影響もあるんでしょうが、アラジンは偏見や疑惑を持って相手を見るのは苦手なようですね。
とても良い事なんですがこれはこれで生き難そうです。善意や正義で動く敵を野蛮で最低な敵として見れなくなるので、戦いの際には迷いに繋がりやすいと思います。


「ゴイとは家畜と何ら変わりのない生き物なのだよ」
この言葉にはさすがのアラジンも許せないようです。
ここでの学長とティトスのやり取りを見る限り、魔法で洗脳はやっぱりなさそうですね。
魔導士は支配欲よりも知識欲が強いという話はヤムさんを見てるとよく分かります。マグノシュタットに留学して魔法の知識を得たアラジンがどうなるか凄い見たがっていましたしね。あのシンドバッドと話していた時のヤムさんはすこし怖かったです。
この支配欲と知識欲の話はアルサーメンにも言える事なのか気になります。アルサーメンは裏から国や人を操るだけで、上に立とうという気配は感じないので。民主制を唱えたアリババは支配欲がシンドバッドや紅炎に比べると少なそうですね。


「パルテビア帝国との大戦争が勃発したのだった」
今まで名前だけで姿を見せていなかったパルテビアが少しだけど登場しました。
ムスタシム軍の盾にされた魔導士はボルグが破られ戦死…普通の人間の攻撃でボルグが破られたことが今までなかったので意外な光景でした。
魔力が切れれば魔導士の防御力は紙同然なので槍で刺し殺されるのはまぁ当然なんですが。
この頃は攻撃系の魔法が殆んど研究されていなかったらしいですが、この時代の魔導士にドロンと同程度の攻撃魔法だけでもあったら戦局は大分違ったんでしょうね。
気になったんですがパルテビアが魔導士の盾に苦戦したことが、マイヤーズ先生がドロンと一緒にマグノシュタットに来た理由の一つだったりするんですかね?
例えば苦戦したパルテビアがムスタシムと同じように魔導士を盾にし始めたとか。


「魔導士とはなんとも便利な種族だな」
こう話すムスタシム王の後ろに一人だけまともなゴイがいましたね。笑っている他の貴族と服装が少し違いますし、立場や能力が無能な貴族連中とは違うような気がします。
50歳頃のモガメットの顔のぶつぶつは若かった頃に比べて増えてはいますが白いままですね。あれは酷い事をするようになってから黒くなったんでしょうか。
今回は醜い化物のように描かれた貴族達の姿が強烈でしたね。
BSでイケメンのレパートリーが無くなってきていると大高先生は嘆いていましたが、こういう醜いものはまだまだレパートリーは豊富そうですね。美男美女といった綺麗なものだけではなく、グロテスクなものや紅炎の眷属等異形の姿のものも描けるところが大高先生の強みだと思います。

追記
magi13.jpg
11巻を読み返して気づいたんですが、王の後ろにいたまともなゴイは後のムスタシム王でしたね。
10年前モガメット学長達に殺されたのが人格的にまともな王だったというのは悲しいですね…もっと早くに生まれて王になっていたら魔導士達と上手くやっていけたはずなのに。そうすればドゥニヤが堕転することもなかったでしょうね。この事をアラジンが知れば学長を改心させる余地がまだあるかも知れません。
スポンサーサイト

テーマ : マギ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。