スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各国の戦力比較

煌帝国

金属器使い
紅炎 シンドバッドにも負けない王の器の持ち主
紅明 実力不明
紅覇 実力不明
紅玉 魔装も可能(国の為に戦うか不明)
白瑛 実力不明
白龍 魔装も可能(国を滅ぼそうとする)

眷属器使い
異形にして巨漢の眷属4名
弓術使い1名 
強力な魔導士3名
身体が頑丈な黄牙一族100余名
回復役1名
剣士1名

その他
マギ1名
迷宮生物兵団数不明

シンドリア

金属器使い
シンドバッド 七つの金属器を持ち魔装も可能

眷属器使い
暗殺術の使い手1名
ファナリス1名
巨漢のイムチャック1名
竜の姿をした軍人1名
剣の達人1名
動物使い1名
槍使い1名

その他
天才魔導士1名

マグノシュタット

魔導士
上級魔導士500名
その他魔導士3000名(学生含む)


煌帝国は一枚岩ではないですし紅玉、白龍、白瑛がどう出るのか分らない部分もありますが、大国だけあって国の保有する戦力はかなりのものですね。中でも迷宮生物兵団と黄牙騎馬隊が恐ろしい。黄牙はファナリスと比べると見劣りしますが、奴隷として買うにはかなりの金が必要になる程の種族なので侮れません。
シンドリアはアラジン、アリババ、モルジアナの三人が加わったとしても煌帝国にはちょっと勝てなさそうです。まぁシンドリアは地形的に守りに徹すればそう簡単には落とされないですし、煌帝国がわざわざ出向いて侵略する価値があるかと言ったら今のところなさそうですがね。
マグノシュタットはマイヤーズ先生と同じ上級魔導士が500名いると考えるとかなり手強い気がします。
ただ上級魔導士の中にはスフィントスに眠らされてしまうような人もいますし、全員が戦闘に強いという訳でもなさそうです。その他魔導士の中にはスフィントスの様な学生もいるので、全てがマグノシュタットの兵士となるわけではないでしょうね。煌帝国は近々侵略しに行くそうですが、まともに相手をするには強すぎる気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。