スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マギ158夜感想

アラジン曰くモガメットはアリババに負けないくらい優しいらしい。アラジンの人を見る目は今のところ確かだと思うので、そこはその通りなんでしょうね。
ただその優しさがゴイ(非魔導士)にも向いているかどうかはまた別の話。ゴイを家畜と同じと考えている人達にとっては、ゴイにしている事は差別ではなく区別になりますからね。同じではないから優しくする必要すら感じていない印象を受けます。争い滅びない為に言葉が全世界共通になったのではと紅炎は語っていましたが、言葉が通じてもこれじゃあ難しそうですね。
モガメットは問題も色々ありそうですが、自分の事しか考えていない大聖母と違うというのは今回で判明しましたね。まぁマギが実験動物にされないかとヤムさんが心配していた理由、ティトスとアラジンに戦わせた理由などまだ引っかかるところは多々ありますが。

「愛する家族や恩人たち…心を分け合える大好きな友人たち」
アラジンにとってウーゴくんと黄牙のおばあちゃんとヤムさんは家族や恩人に入るけど、シンドバッドや白龍はそうではないようです。まぁあの2人とは親しいという程の仲でもないからこうなるとは思っていましたが、ヤムさんが大切な人に含まれたのはちょっと意外でした。この調子だとそのうちティトスやスフィントスだけじゃなくマイヤーズ教官すらも含まれそうです。

思想教育では魔法によって洗脳するのかしないのか…学長自ら教壇に立っているのは魔法を使う為なのか。魔導士という存在が一体なぜこの世界に生まれたのかという謎にも突っ込んでいくようで来週が楽しみです。
マグノシュタットはムスタシム時代から魔法の真理を追究してきた研究機関なので、次回語られる内容もただ魔導士が優れてるとかを話すだけではなく真面目になぜ魔導士は生まれたのかを話してくれるでしょう。
本編で触れるかはわかりませんがモガメットとロリヤムさんについては大高先生が今後堀り下げそうな気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。