スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ版マギ 二話感想

OPは一番最初のシーンと金属器の模様が光るシーンが変わっていましたね。

本編の感想としては早くも作画の質が落ちてきたという感じです…二話目でもうこれか!
一話の時は作画が非常によくてこれは期待出来そうと思ったんですが期待出来なさそうです。話が端折られるのは覚悟していたことなんでその辺はまあ良いんですが、二人いたから扉を開く事が出来たという改編は要らなかったのでは…あの扉だと単独で攻略しにきた人は完全に詰みますよね。
脚本の問題だけじゃなく演出もいまいち盛り上がらないというのがちょっと。
演出の微妙さは「ソードアート・オンライン」と同じですね。
少し前までのA-1 Picturesは「WORKING」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」「鉄腕バーディー DECODE」「おおきく振りかぶって」と良作が多かったのに最近はどうしてしまったんですかね。
「ソードアート・オンライン」「新世界より」など同時期に多くの作品を手掛けてる所為で質が落ちているんでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。