スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

All You Need Is Kill感想

「ループする世界は人と共有する大切な時間を奪い取る」

All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2004/12/18)
桜坂 洋

商品詳細を見る

ハリウッドで映画化されるライトノベル「All You Need Is Kill」。
タイトルはビートルズの「All You Need Is Love」のパロディなんでしょうか?
アメリカ人と相性のいい戦争ものにループというSF要素まで加わっている質の高い作品なので、ワーナーブラザーズからオファーが来たのも納得。
ギタイと呼ばれる侵略者達と戦う新人兵士がループを繰り返す度に強くなっていくんですが、似たような設定のエロゲがあったような…まぁ発売日としては「All You Need Is Kill」の方が早いですが。ループのおかげで命懸けの戦いを何度も経験して敵を殺す技術は身につくものの筋力は上がらない主人公は、ゲームで例えるならレベル1だけど操作するのはベテランみたいな感じですね。
ネタばれしたくないので伏せますが終盤の展開には驚きました。あそこで勝ってもそれで全てが終わるわけではないというのが何とも…。映画だと映えるシーンも多いので映画公開が楽しみです!


この作品はラノベとして出版されているわけですが、売り方としてこれで良かったのかなぁと少し疑問に思いました。ラノベとして出すには萌えが皆無で硬派すぎ、一般小説として出すにはSF要素の掘り下げなどがやや甘い。ラノベ出身の桜坂洋先生のファンを取り込む為に、ラノベとして出したなら効果はいま一つな気がします。
よくわかる現代魔法 (集英社スーパーダッシュ文庫)よくわかる現代魔法 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2003/12)
桜坂 洋

商品詳細を見る

だってデビュー作がこれですし…正直読者層が被ってくれるのか微妙な気がします。
「よくわかる現代魔法」を好きな友達がいますが、その友達がこれを買って読むかと聞かれたら絶対に買わないでしょうね。まぁ想像でしかないので実際売り方が正しかったのかどうかは分からないんですけどね。
「All You Need Is Kill」が売れなかったからそれ以降一般小説として出すようになったのか、それともラノベとして出版し注目されたおかげで一般小説として作品を出せるようになったのか。そこが問題ですね。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。