スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトノベルのコミカライズ比較

http://d.hatena.ne.jp/nunnnunn/20120918/1347988202
「SAO」はどうしてこうなったのか…このコマは特に酷い部分ですがそれ以外も割と残念ですからね。
電撃文庫の看板作品なのにどうしてもっと上手い人を使わなかったのかが謎です。
以前「灼眼のシャナ」の作画を担当し、現在「アクセルワールド/デュラル マギサ・ガーデン」を書いてる笹倉先生レベルの人に書いて貰えば軽く数万部は売れたでしょうに。

比較して見るとスクエニで連載している「魔法科高校の劣等生」と「とある魔術の禁書目録」はレベルが高いですね。個人的にはスクエニが他社の作品のコミカライズ頼りになっている状況は好ましくないと思っていますが、商売の視点から見れば効率的なんでしょうね。
昔から漫画雑誌を扱ってきたスクエニの方が腕のいい漫画家が集まりやすいですし、そういう人に作画をさせれば売上に繋がりやすい。実際のところ人気作品である劣等生のコミカライズは5万部も売れてますし、発売から二週間でこれだけ売れる作品は漫画市場全体を見てもそう多くはないですからね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。