スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビアンカオーバースタディ感想

「ほんとの女の子を敬遠して、アニメやラノベなんかの女の子に萌えたりなんかしてさ」

ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)
(2012/08/17)
筒井 康隆

商品詳細を見る


筒井康隆の「ビアンカオーバースタディ」を読み終えました。この作品には通常のラノベとして読むエンタメとしての読み方、そしてメタラノベとしての読み方があるそうです。ラノベ全般を意識して読むよりは筒井先生も絶賛した「涼宮ハルヒの憂鬱」と比較して読んだ方が分かりやすいと思います。世の中のつまらなさを嘆く美少女が主人公と明らかにそれを意識しているので。

ラノベとの比較だとお色気シーンの入れ方に違いがあると感じました。
ラノベでのお色気シーンは主人公が偶然ヒロインの胸を揉んだり、下着姿や裸を見てしまう程度のもの。一方「ビアンカオーバースタディ」はというと主人公が男のあれを手でしごいて射精させたり、未来人が美少女を眺めてマスターベーションをしたりと通常のラノベではまず見ることのないシーンが多く、また使われる言葉も通常のラノベと違ってスペルマ、陰毛、ペニスと直球すぎる。筒井先生それラノベやない官能小説や…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。