スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBSの作品紹介が嘘くさい件について

「物語は、砂漠のオアシスからオアシスへと隊商(キャラバン)が移動する世界を舞台に、アラジンとアリババが色々な人々と出会いながら、仲間とともに隠された秘宝を追い求める姿を描く冒険ファンタジー。アラビアンナイトを思わせるような物語は、子供から大人まで楽しめる作品となっている。」

こう紹介されると子供向けの冒険ファンタジーに見える…秘宝を追い求めるのは二巻までだしぶっちゃけこの紹介ほとんど詐欺に近い。
「秘宝」「冒険」と聞くと夢溢れワクワクする世界観に感じるけど、実際は「奴隷」「スラム」「差別」「侵略」なんてものが蔓延っているという…。目的の為に汚いことをする人や復讐の為に殺人も厭わない人がいますしね。
作品の方向性や複雑さ的に対象年齢が「鋼の錬金術師」と恐らく被るので、子供から大人まで楽しめるというのは合ってる気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。