スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセルワールド五巻

読んだのは大分前なのに感想を書くのがこんなにも遅くなるとは…。
五巻はレイカー師匠の復活が中心の巻だけど、黒雪姫先輩がトラウマと向き合う回でもあったりする。
それまでの巻と違い幾つもの小さいエピソードをやりつつ、師匠の復活という大きなエピソードに繋げていく様な構成だと感じました。終盤以外はそこまで深刻な話もなく明るく軽い雰囲気なので、ハルがどんどん追い詰められる三巻に比べると地味な印象。まぁ地味ですけど今後の展開に大きく関わる出来事が終盤に起きたり伏線らしきものが張られているので、作品全体から見れば重要な巻なのかも知れない。
レースは映像化したら見応えありそうだけどアニメではそこまでやらないからなぁ。
二期だとおっぱい要員レイカー師匠やパドさんの出番が増えるからアニオタ受けも今より良くなると思うけど、売上的には二期やるかやらないか微妙なところなんですよねぇ…。

四巻の時点で思っていたけどパドさんは何で赤系統の色なのにバリバリの近接格闘型なんだろう?
遠距離攻撃向けの赤色の特性をフルに活かし固定砲台と化したスカーレットレインとは真逆。これじゃ赤色の恩恵を受けられないような…。
ブラッドレパードとスカイレイカーは互角くらいの実力を持っているらしいけど、色と戦闘スタイル的にレイカー師匠の方が強い気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。