スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロコネクトにおける人間関係の深め方

キャラの関係性を深め描いていく作品には大きく分けて二種類あって一つは「けいおん」の様に一緒に遊び、ぬるい日々を送りながら時間をかけ徐々に関係を深めていく作品、もう一つは劇的な出来事を通じ時に傷つきながら関係を深めていく作品。
この分け方だと「ココロコネクト」は後者に当てはまると思います。
ギャグも多く馬鹿馬鹿しいノリのところもあるけれど、人間関係に関しては決してぬるくはなく割とシビアな作品。ふうせんかずらの手による人格入れ替わりや欲望解放によって相手の本心などが見えてしまい、それによって精神的に追い詰められますが、キャラ達はそれによって相手の知らなかった秘密を知り、そして問題を乗り越え成長して相手との距離を縮めていく。
普通の学校の部活に変な存在が現れ騒動を起こさせていくという点で「涼宮ハルヒの憂鬱」と似ているけれど、「ココロコネクト」ではそれらの存在をSF的な話をやる為ではなくあくまで青春群像劇を描く為の道具として使っていると感じました。
スポンサーサイト

テーマ : ココロコネクト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。