スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークナイトライジング感想

バットマンのリハビリと引退の物語
ヒーローの最後と次の世代のヒーローを描いたのは三部作の最後の作品として相応しかった!
一作目では一般市民の出番が多かったですけど、今作では新人警官ブレイクや子供たちなど新しい世代にスポットを当てていると感じました。ブルースが希望の象徴バットマンを引退して、その意思を継ぐブレイクことロビンが現れるというのはヒーローものの最後としては良い終わり方!
戦う敵がいなくなって廃人になったり、名誉の戦死では報われないですからねぇ。


悪役の魅力
前作に比べると犯罪者達の魅力が落ちたと感じました。
ジョーカーとべインだけでなくその他の犯罪者も同じ。前作に出てくる悪党達はジョーカーの好き勝手にさせてたまるかという意地や信念がそれなりにあったのに、今作の悪党達はべインの革命に乗っかって悪さをするだけの小物という印象。金持ち連中から金を奪い、法を介さず市民を裁く事を正義の名の下に行うのは悪党としては三流だと思う。悪を成すならジョーカーみたいに言い訳をせず悪として行ってほしい。
自分達の悪行を言い訳して正当化してるというのはべイン達にも言える気がします。


バットマンの女関係
今作の女性キャラであるセリーナとミランダは対比として描かれている様に思えました。
過去の罪を消しさり新たな人生を歩みたいと願うセリーナと父親の意思という過去に縛られているミランダ。
牢獄に入れられたセリーナが寄ってくる男を倒したのに対し、幼いミランダはべインに助けられていたりと二人に正反対な部分があるのは偶然ではない気がします。
バットマンを生み出したラーズ・アル・グールの意思を継ぐミランダを倒し、新たな人生を歩もうとするセリーナを選んだ事でブルースも先に進めたのかも知れないですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。