スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マギ151夜感想

アラジンと同じ装置を付けているティトスもまたマギ…だとするとやっぱりティトス=シェヘラザードなんでしょうか?
あの距離なら正体が学長にばれずに済む可能性はありますがどうなるか。仮にばれたとしてもそれでマグノシュタットから逃げはしない気がします。まだ特訓だけで闇の金属器や国の事を調べられてないですしね。

ティトスの複合魔法の破壊力は眷属器と同等かそれ以上で、その実力は天才ヤムさんを上回っている様に見えます。一方アラジンは鬼教官の下で鍛えた体術と複合魔法の合わせ技でティトスの防御を破ろうとする。教官は学長のいるところで「慢心して身体を鍛えない連中は駄目だ」という様な事を言っていましたが大丈夫なんでしょうか?
色々な人を敵に回しそうな発言だと思うんですが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。