スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マギ150夜感想

アニメ放送も近くなってテンション上がってきたので連載分の感想も続く限り書いていくことにしました。

モガメッド学長は普通のおじいちゃんにしか見えないけど魔導士に対しては優しい人なのか?
孫がいないそうだけど子供の方はいるのだろうか。結構な歳だし後を継ぐ人間は用意していても良さそうだけど。
マグノシュタットは魔導士が普通の人間を差別している魔導士優位の国家らしい。それが真実だとするならマグノシュタットが黒い金属器を作っているというのが少し引っかかる。
非魔導士でも使える黒い金属器は、魔導士の地位を守る為には邪魔になるんじゃないかなぁ。
煌帝国等の強国と戦う為に必要だからと言われればそれまでだけど…。

様々な属性魔法も使える様になって以前よりも数段強くなったアラジン。マギとしての力を使わなくてもこのレベル。
重力魔法で作った土人形「ウーゴくん」はドゥニヤの砂人形と似てる。最後のページでウーゴくんが両手でティトスを叩いてるシーンも以前本物のウーゴくんがジュダルのボルグを破った時と似てるし、今回はアラジンが旅の中で得てきたものを披露する回になってるのかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。