スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブリア古書堂の事件手帖感想

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る

普段ラノベを読んでる層はラノベらしくなかったと言い、ラノベを読んでいない層はラノベらしかったと言うそうですが読んでみてその理由が分かった気がします。特殊な能力もなく登場人物も子供でもなく、題材も地味なのでその辺りはラノベらしくはない。露骨なお色気シーンもないですし。
けど巨乳で内向的で世間知らずなところがある栞子さんのキャラ造形は、間違いなく一般小説寄りではなくてラノベ寄り。ぶっちゃけ栞子さん目当てで読むことも出来るくらいには可愛い。
なんか中身の感想ではない気がしますがまぁいいや。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。