スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒らしコメも動画の賑わい

ニコニコ動画に何度か投稿してみて感じたのはコメントが書き込まれることって大事なんだということ。
コメントが書き込まれると「コメントが新しい順」で検索した時に一番上に表示されるのですが、これが再生数の伸びに地味に影響して来るというのが分かってきました。

ニコニコ動画には毎日大量の動画が投稿されているので、よほど出来が良い動画でもない限りすぐに埋もれてしまいます。
その為投稿してから一か月も経てば再生数の伸びはかなり鈍くなってきますが、コメントが書き込まれるとまた少し息を吹き返し再生数の伸びが良くなります。たとえそのコメントが誹謗中傷であっても多くの人に見てもらう役には立つんですよね。
いや別にそういうコメントをされた訳ではないんですけど、とにかく荒らしコメも動画が賑わう為にはある程度は役に立っていて無価値ということでは無いと気付きました。
という事でもし好きな動画が荒らされていても「このコメントのおかげで多くの人が見てくれるきっかけになっているんだ」と思えば少しは精神的にましになるかも知れませんね。
スポンサーサイト

マギ 164夜感想

「本物の迷宮の魔法道具?」
マグノシュタットに魔法道具を渡したのはアルサーメンなんでしょうか?
迷宮の魔法道具をアルサーメンが所有していたのならアルサーメンは迷宮を攻略したか、もしくは迷宮攻略者から魔法道具を奪ったことになりますが何か腑に落ちません。12年程前にアルサーメン側に迷宮攻略者がいたのなら、もっと多くの迷宮が連中に攻略されていそうですし…別の方法で入手した可能性の方が高そうです。
マグノシュタットが賊に魔法道具を横流ししているとしたら、目的は隣国を賊に襲わせ国力を低下させることなのかも。そうでなければゴイが嫌いなマグノシュタットがゴイの中でも低俗な賊なんかに手を貸さないでしょうし。

「あなたの役目も終わりねティトス」
役目が終わったら残りわずかな時間をレームで過ごすようシェヘラザードに言われますが、マルガを残しているティトスにとってそれは不服なようです。シェヘラザードにとってティトスは使い捨ての駒に過ぎませんが、一応人権は尊重されているようでした。シェヘラザードは自国を救うためには色々な事をやっていそうですが、本質的に優しい人ではあるようです。
考えてみれば生まれた時から役割が決められ、役目が終わればお払い箱という点ではティトスもマルガも同じだったんですね。両者とも国を維持する為だけの存在で個人としての幸せを求める権利がまともに与えられていない。

「ほほう…キミは炊事が上手なんだな」
貴族の子息なのに炊事が得意なスフィントス。没落貴族で召使いを雇う金もなかったから自分でやっていたのでしょう。それにしてもスフィントスって扱い酷い…仲が良い証拠でもあるけど「かっこいいのは治癒魔法の時だけ」とかアラジンは結構厳しいことを言ってきますね。これ見てると白龍やジュダルからアラジンはアリババ贔屓と言われても仕方ない。
ジュダルの時もそうでしたがスフィントスからもアリババの名前が「アリババクン」と認識されている…。

「まだ…死にたくありません…!」
どうやらティトスは学長にマルガと同じように自分も延命治療してくれと頼むみたいです。
単なる悪役であれば治療する代わりにレーム帝国を裏切るよう交換条件を提示するところですが、学長はそういう人ではないのでどう出るか読みにくい。魔導師を救いたい人なのでティトスを無償で救うと言い出しても全然おかしくないので。

テーマ : マギ
ジャンル : アニメ・コミック

紫色のクオリア二巻買ってきました

紫色のクオリア 2 (電撃コミックス)紫色のクオリア 2 (電撃コミックス)
(2012/11/27)
うえお 久光

商品詳細を見る

相変わらずレベルの高いコミカライズでした。どうやら三巻で完結するみたいです。
一巻と違いSF要素がかなり強くなり「シュレディンガーの猫」の説明等色々と入ってきたことで、文字数もかなり増えた気がしました。ストーリーの良さについて述べるのも今更な感じなので、漫画版ならではの見所を挙げると並行世界のガクちゃんの姿やガクちゃんに踏みつけられる裸のアリスですかね。
kuoria3.jpg
原作はあの滅茶苦茶濃い内容を一巻で終わらせてる為にキャラの内面以外の描写は結構省いていますが、漫画版ではそういうところを絵で補完してくれているのがいいですね。綱島先生の絵はスッキリとした線で描かれていて見易く、背景もごちゃごちゃし過ぎていなくて昔から好きです。美少女だけでなくおっさんとかも描けますし、デザインも癖がなくて10年経っても安定感ありますね。

紫色のクオリアのコミカライズの完成度が高すぎる

「このライトノベルがすごい!2013」の人気キャラランキングについての感想

左から主人公名、ランキング順位男性部門、ヒロイン名、ランキング順位女性部門で表記しています。

キリト1位、アスナ2位、シノン7位
上条当麻2位、御坂美琴1位、インデックス12位
一方通行3位、打ち止め26位
司波達也7位、司波深雪20位
逆廻十六夜11位、黒ウサギ27位
有田春雪19位、黒雪姫4位
佐藤洋8位、ランク外
遠山キンジ16位、ランク外
葵トーリ10位、ネイト29位


バトル系のラノベではキリト、司波達也、逆廻十六夜と最近人気の俺TUEE系の主人公が上位にランクインしています。基本的に女性キャラより主人公の方が順位が高いです。そんな中でヒロインに大差をつけ負けるハルユキ…デブで卑屈ないじめられっ子というキャラ設定がラノベファンからは不評だったんでしょうか。「境界線上のホライゾン」は男女両方ともかなりの人数いるのでトーリが10位に入っただけでも大したものだと思います。


高坂京介5位、黒猫6位、高坂桐乃9位、新垣あやせ15位
羽瀬川小鷹15位、柏崎星奈5位、三日月夜空10位、志熊理科25位
比企谷八幡4位、雪ノ下雪乃8位、由比ヶ浜結衣21位


人気のラブコメ作品を見比べると小鷹の人気の低さが目立ちます。面倒見がよく兄属性の京介とは似たタイプなのにどうしてここまで差がついたのか?
この手の作品だと女性キャラの可愛さを売りにしている所為かランクインするキャラが多いですね。人気キャラを見ていて思うのですが、少年漫画のラブコメ作品に比べるとラノベのラブコメ作品に出てくるヒロインは性格に問題のある人が多いような…ギャルゲーでもこういうのはあまりないんじゃないですかね。アニメ化した作品くらいしか知らないですけど。

電子書籍に向いている漫画とは何か?

 数週間前からAmazon公式サイトにキンドル(日本でも)近日発売という告知ページが出来ました。 ようやく。公式で「近日発売」と言っているということは、2013年末くらいには発売するかな!と思ってしまうほどに、キンドルの日本開始時期とドラクエの発売日は信用していないですぼく。さっさと始まってくれることに越したことないですけどね! 電子書籍端末としてのキンドルが発売になることと、電子書籍の販売サービスとしての...
電子書籍に向いている漫画、紙媒体に向いている漫画



やまなしさんの記事を読んで電子書籍に向いている漫画って何だろうと自分なりに色々考えた結果、エロ漫画こそ電子書籍に相応しいという結論になりました。
アホらしい話と思うかも知れませんが、電子書籍と紙媒体の本の特徴を考えると結構相性が良いんですよね。


エロ漫画は書店で大きく取り扱われない
エロ漫画は置いてくれる店が少ない事は勿論ですが、目立つ場所に陳列されることもあまりありません。本の置き場所そのものが小さいコンビニでは相対的に目立つ場所に置いてあったりしますが、書店であればそういう事は少ないと思います。
特殊な店でもなければ漫画の新刊コーナーに置かれもしないので、書店による宣伝効果は普通の漫画に比べると期待は出来ず、紙媒体の漫画を書店に置くメリットが少ない。

漫画を読む以外のことが出来る
下品な話で申し訳ないですが…ぶっちゃけ片手が使えるという話です。
紙媒体の場合は基本読むときに両手を使いますが、他に作業する時は不便だと思うんですよね。

保存と処分が楽に出来る
ネットで電子書籍を購入する際には履歴が流出するデメリットはありますが、保存と処分の際には紙媒体にはないメリットがあります。
エロ漫画だと他人に見られない場所に保存する必要があり、普通の漫画よりも保存出来る場所は少なくなるので、置き場所に困らない電子書籍のメリットが発揮されやすい。
次に処分に関してですが普通の漫画であればブックオフ等で売るという事も出来ますが、エロ漫画だと売れる場所というのはかなり少ないのでそう簡単には行きません。
この様に売ることも捨てることも色々と不便なエロ漫画であれば紙媒体に拘る必要が特にありません。こういった理由から電子書籍に向いているのはエロ漫画という結論に至ったのですがどうだったでしょうか?

ちょっと調べて見たんですが電子書籍のエロ漫画は女性に重宝されているそうです。
他人の目を気にする女性の方がこういうのは求められているのかも知れませんね。
プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。