スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まどかマギカとTIGER&BUNNY

マスコットの皮を被った悪魔QB、希望を与える魔法少女が恐ろしい魔女になる。ヒーローという職業についた子持ちのおじさん。日本人の多くが一度は見たことのある魔法少女ものとヒーローものの定番からずらすことで注目を集めた「魔法少女まどかマギカ」と「TIGER&BUNNY」。ニ作品にはこういった共通点があるものの、ターゲットとストーリーは大きく違います。

まどかはジェットコースターの様な激しい展開で1話たりとも見逃せず、血だまりスケッチと呼ばれるだけあり中々ハードな設定。魔法少女もの女児とは大きなお友達御用達のジャンルであり、魔法少女ものに分類される漫画と深夜アニメは両方とも濃い男性オタク向けです。それらのイメージがある為、タイトルの時点で敬遠されやすく見る人を選んでしまう。
アニメに然程興味ない一般層を狙った作品とは言い難い作品。
萌えエロ要素は抑えられ、映像や音楽等あらゆる点で優れていたので大ヒットし、オタク界隈やクリエイター達から高い評価を得た。しかしあの花や最近のけいおんの様にはなれず、一般層からの支持は少なめであったと思います。

一方タイバニはある程度は連続したストーリーになっていますが、途中から観ても楽しめる様に1話で完結している回も多い。そして複雑で暗く重いストーリーにはしないで、視聴者が気軽に見られる作りにしてあります。
ライバルは他の深夜アニメではなく深夜バラエティーであり、最近アニメを観てない社会人をターゲットにしています。両作品とも2011年に視聴者に理解されやすい要素を取り入れながらヒットしましたが、作品の方向性は正反対だった事が興味深いです。
スポンサーサイト

時をかける少女について

アニメが面白かったので原作を読んだ。
原作は中学生向けの短編恋愛小説で、まじめタイプの女子と男子2人が登場。
アニメと原作は女子と男子2人、時を超える、恋愛の3点が共通しているだけで別物と言ってよいレベル。
中学生向けに書かれたものだけど、中学生が読むには子供向けすぎるんじゃないだろうか。
時を超える薬がラベンダー使ったら出来たって…何をどうしたらそうなるんだw
ちなみに実写映画は原作主人公の娘が主人公。

第9地区感想

「ロード・オブ・ザ・リング」で監督を務めたピーター・ジャクソンプロデュース。
宇宙人が地球にやってくる作品は数多くありますが、「第9地区」はそれらの中でも異色の作品だと感じました。
よくある展開だと宇宙人は人間より圧倒的に強く、地球に到着後すぐに人間達を襲い始める。または姿を変え人間社会に上手く溶け込むといった感じなんですが、第9地区では宇宙人は姿も変えず、戦争もせずに10年以上地上で難民として暮らします。
技術も身体能力も人間より高いにも関わらず、弱者として描かれているのがこの作品のポイント。
設定も変わっているだけではなく映像面でも変わっていて、ストーリーの序盤はドキュメンタリー番組風に進むのですがカメラワークなど撮影方法もそれに合わせています。もう一つ凝っているなと感じたのは登場する宇宙人の武器です。日本のアニメに影響を受けた為かレーザーやミサイルの魅せ方に普通とは違う拘りが見られました。
また舞台をアメリカの大都市などではなく、南アフリカ共和国のヨハネスブルクにした事にも理由があり製作者の想いが沢山詰まった作品になっています。
その辺の想いはメイキング映像の中で語られているので、長いですが見ておくとより楽しめると思います。

紹介ばかりで感想らしい感想を書いていないので最後に少し。
主人公ヴィカスは臆病で良くも悪くも普通の人であり、自己中心的で見ていてイラッとするシーンもありますが、覚悟を決めて宇宙人のクリストファーの為に戦う姿はその分カッコよかったです。クリストファーはかなりの人格者で、対立しているはずの人間達のことをヴィカス以上に心配するお人好し。クリストファーを見ていると人間は何て愚かな生物なんだろうかと思い知らされました。

個人的に印象に残った2011年アニメ界に起きた出来事まとめ

オリジナルアニメのヒット
「まどか☆マギカ」 「TIGER&BUNNY」「あの花」とオリジナルアニメが大成功。
その他にも聖地巡礼が話題になった「花咲くいろは」「ウテナ」を作った監督の新作「ピングドラム」など良作が多かった。

おじさん大活躍
10代後半の少年が主人公、女キャラの方が多いという傾向がある深夜アニメの中で、おじさんが主人公で男キャラの多いFate/Zero、TIGER&BUNNYが大ヒット。
子育てをするサラリーマンが主人公のうさドロも人気が高く、おじさんが活躍した珍しい年。

パチンコ、パチスロ原作のアニメ
「戦国乙女桃色パラドックス」「Rio RainbowGate!」「快盗天使ツインエンジェル」のアニメ化。
2006年にパチスロである「吉宗」のアニメ化がありましたが、これ程の頻度でアニメ化されたのは恐らく初めての事。

サンライズの誤算
予算が少なく期待されていなかった「TIGER&BUNNY」が予想外に売れた一方で、お金をかけたであろう「セイクリッドセブン」がそれ程成功せず、新規ガンダムファンを生み出そうとした「ガンダムAGE」が不評であったりと力を入れている作品が上手くいっていない。

冨樫作品アニメ化
昔に連載していた「レベルE」をアニメ化し「HUNTER×HUNTER」を再アニメ化。
そのおかげなのか震災の影響なのか蟻編の終了なのか、原因は不明だが休載ばかりしていた冨樫が本気を出す。

オリジナルアニメのヒットやそれまで売れないと思われていたおじさん主役のアニメのヒットにより、今後のアニメの傾向が変わるかも知れない。まぁ「IS」のようなハーレムものが売れているのは相変わらずなので、そう簡単に変わるかは分らないですが…。

ラノベの主人公の特徴

アニメ化したラノベの主人公の特徴を調べたところ、主人公には大きく分けて2タイプあると感じた。
1つはスケベな変態タイプ
(ゼロの使い魔、ハイスクールD×D、ベン・トー、境界線上のホライゾン、化物語)
もう1つはお人好しタイプ
(灼眼のシャナ、乃木坂春香の秘密、とらドラ!、化物語、僕は友達が少ない)
勿論これらの主人公はそれ以外の特徴も持っているけど、この2つが全体的に見られると思う。

スケベな変態タイプは明るくて馬鹿である事が多く、読者を笑わせる三枚目になりやすい。まぁ大人しめの変態だとむっつりで気持ち悪くなりやすいので、見ていて清々しさを感じさせる明るいキャラというのは当たり前と言えば当たり前か。
禁書にあるラッキースケベ的ハプニングでエロを入れない場合、こういうキャラが役に立つんだろうな。
お人好しタイプは平凡や大人しいといった特徴を備えている事が多く、派手さがなくいまいちパッとしないけど性格だけは良い。読者から嫌われる要素がない代わりに好かれる要素も少ない。
複数の女キャラから好意を寄せられるポジションなら嫌われない方が無難ではあるのかも。

この2タイプ、特にお人好しタイプじゃない主人公のいる作品はSFやファンタジー要素が強かったり、世界観が複雑であるなどしてラブコメの要素が薄いケースが多い。(フルメタ、狼と香辛料、SAO、鋼殻のレギオス)
こういう作品は主人公が複雑な問題に立ち向かったり、壮絶な過去を持っていたりするので、優しいだけの凡人キャラだと主人公が務まらないのだと思う。
プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。