スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクエニ漫画は落ちぶれてきているのか?

スクエニ(エニックス)出身の漫画家は実力のある人が意外と多い。
超人気漫画「鋼の錬金術師」、サンデーの新たな看板「銀の匙」の荒川先生。
このマンガがすごいで一位をとった「聖☆おにいさん」、アニメ化した「荒川アンダー ザ ブリッジ」の中村先生。
ヤンガンで最初にアニメ化した「すもももももも」、サンデーで上位の売り上げを持つ「マギ」の大高先生。
アニメが人気だった「ハレのちグゥ」、このマンガがすごいにランクインした「ライアー×ライアー」の金田一先生。

これだけ素晴らしい漫画家を何人も持っていたのに、その人達は他社で描き始めるようになってしまう。
実力ある漫画家を失い、良い新人も見つけられず徐々に弱体化してきたスクエニが今やっている事と言えば…。
連載終了して間もないにも関わらず「鋼の錬金術師」の完全版を出す。
アニメ化した「ソウルイーター」「BAMBOO BLADE」「咲-Saki-」のスピンオフや外伝を始める。
「うみねこの鳴く頃に」「ひぐらしの鳴く頃に」のコミカライズを大量に行う。
「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」「緋弾のアリア」等の他社の作品をコミカライズ。

コミカライズは自社ゲームのコミカライズなど昔から多かったですが、他所の作品に頼りまくる事はそれまではなかった。ゲーム事業の方もリメイクばかりになっているしスクエニはこの先大丈夫なんでしょうか?
「ばらかもん」等の良作はガンガン以外の雑誌に多く、看板雑誌であったはずのガンガンは大分弱くなってしまったと思います。
スポンサーサイト

日常系は流行しているのか?

日常系の作品は流行しているのか?
(日常系がどういう作品なのか定義が曖昧ですけど、記事においてけいおん!、らき☆すた等の作品と定義)

「けいおん」と「らき☆すた」はDVDやグッズが売れて大成功。
特に「けいおん」は映画も大ヒットし、日経エンタメが特集する程。
「ひだまりスケッチ」は4期アニメ化が決定している。
日常系とオタク界隈で呼ばれるアニメ作品は年に数本はあります。これらの作品は可愛い女キャラが多い為、2000枚以下の酷い売り上げになる事はまずない。深夜アニメ全体の中では大体中堅に位置すると思います。
確かにこれだけの結果が出ているなら流行していると言っても過言ではないでしょう。

しかしそれはアニメ市場での話であって、漫画市場ではあまり人気がありません。
けいおん!4巻 約30万部(発売から二週目)
よつばと!10巻 約50万部(三週目)
ひだまりスケッチ6巻 約10万部(二週目)
GA芸術科アートデザインクラス4巻 約7万部(二週目)
   ORICON STYLEランキング参照
アニメ化し日常系の中でも有名なこれ等の作品ですらこの位の数字しか出ておらず、芳文社のほのぼの4コマ漫画は殆どがランクインすら出来ない。
アニメ化やドラマ化をしていなくても発売から一週で10万部を超える作品が何十作品もある漫画市場において、日常系の作品が流行しているとは言えないのではないか。ネットでは日常系が流行っているという声もちらほら聞きますが、深夜アニメにおいて流行っているに過ぎないなぁと調べていて思いました。

雨の日のアイリス感想

雨の日のアイリス (電撃文庫)雨の日のアイリス (電撃文庫)
(2011/05/10)
松山 剛

商品詳細を見る

「俺が選ぶライトノベル32傑作選」で紹介されていたので読みました。
序盤の博士との幸せそうな生活から一気に転落していく様は、見ていて悲しくなる。
三日前、二日前、一日前と絶望へのカウントダウンの様な表現がまた何とも。
描写が凄い丁寧でアイリスの気持ちや見ている風景が読んでいて伝わってくるからこそ、アイリスの転落前と後との落差が大きく感じるんでしょうね。

身体が解体されるシーンは何だか凌辱みたいだなと…ぶっちゃけ表現的に狙っているような気がします。
可愛い女の子があの様な不格好なポンコツロボットになってしまうとは…表紙詐欺ではないけど騙された感がありましたね。多くの人が泣けると言っていただけあって、確かに泣ける良い作品でした。
ただ展開や設定が凄い凝っているわけでもなく割と普通なので、4次選考まで残ったけど受賞出来なかったのはそれ故かなと。
プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。