スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中二病でも恋がしたい!」OP考察

kyouto2.jpgkyouto4.jpg
OPでは画面の半分が眼帯をしているヒロイン立花の目と同じように何も見えず白くなっています。
このOPは画面の切り替わりが早く見ていて目が疲れるのですが、この目が痛くなる映像を狙って作っているとかいないとか。
中二病患者ネタでよく使われる「くっ…右目が疼く……」といった感じの腕や目など身体の一部が痛くなる表現。それを内容を実際に体験させる為にあえて目に優しくない映像にしてるのかも知れません。
病院に運ばれる人が多く出たポケモンショック事件以降この手の激しい点滅は避けられているので、今の時代にあえてそれをやったという事は何らかの意味がある様な気がします。
kyouto3.jpg
立花と姉の昔の姿が映されていますが、これは何を意味しているのか?
今後は中二病と恋愛以外にも家族の問題を描いていくんですかね。
スポンサーサイト

氷菓の後味の悪さについて

「青春は優しいだけじゃない、痛いだけでもない、ほろ苦い青春群像劇」

キャッチコピーがこうであるだけあって氷菓は若干後味悪い終わり方が多いです。
「氷菓」では関谷純が他の学生の身代わりにされ恨みながら退学してしまう。
「愚者のエンドロール」では入須に煽てられ踊らされていた奉太郎が、「クドリャフカの順番」では才能のない里志、摩耶花、田名辺ら三人が苦い思いをする。
そして「連峰は晴れているか」ではヘリが救助に向かったが遭難者は死亡していたというオチで終わる。

別の視点から見れば千反田の長年気にしていた悩みが解消されているし、映画も無事完成して氷菓も完売という良い結果を出している。奉太郎を始めとするキャラ達も苦い思いをするだけでなく色々得たものもあるんだけど…完全なハッピーエンドでは終わってないんですよね。ストーリーの序盤や中盤じゃなく終盤に誰かが悲しむパターンが多いから、最後の最後で綺麗に終わらせてもそのちょっと前の悲しい出来事が頭から離れない。
普通の青春ものなら苦しい事があっても最後は爽やかに終わりますが、氷菓は棘が刺さったまま終わらせる印象。
この辺は意図的なものなんでしょうね。まさかOVAの水着回でもこういう終わり方にしたりするんじゃ…。

氷菓の声優は京アニの声優?

氷菓に出演している声優さんは京アニ作品に出演している人が多く、キャリアの浅い声優をメインキャラに起用することが多い最近の京アニにしては珍しいキャスティング。どのくらい過去の京アニ作品に出ている人がいるのか、気になったので調べてまとめてみました。

氷菓での役名、声優名、氷菓でのポジション、過去の京アニ作品でのポジションの順に表記。
作品でのポジションはメイン、サブ、サブサブの3種類。
涼宮ハルヒの憂鬱(H)、CLANNAD(蔵)、フルメタル・パニック ふもっふ(ふ)、日常(日)、けいおん(K)


折木奉太郎  中村悠一(メイン主人公、蔵メイン主人公)
福部里志   阪口大助(メイン主人公の親友、蔵メイン主人公の親友)
千反田える  佐藤聡美(メイン、Kメイン)

折木供恵   雪野五月(サブ、ふメイン)
遠垣内将司  置鮎龍太郎(サブサブ、蔵サブ)
善名梨絵   豊崎愛生(サブサブ、Kメイン)

入須冬実   ゆかな(サブ、ふメイン)
谷惟之    川原慶久(サブサブ、日サブ)
鴻巣友里   茅原実里(サブサブ、Hメイン)
瀬之上真美子 広橋涼(サブサブ、蔵メイン)
陸山宗芳   森川智之(サブサブ、ふサブ)

田名辺治朗    福山潤(サブサブ、ふサブ)
クイズ研究会司会 日笠陽子(サブサブ、Kメイン)
クイズ研究会部長 こぶしのぶゆき(サブサブ、Hサブサブコンピ研部長)
お料理研究会部長 杉田智和(サブサブ、Hメイン)

過去作品でちょい役として出てる程度なら珍しくもないですが、メインキャラを演じていた声優さんがここまでいるというのは中々ないのでは?

テーマ : 氷菓
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。