スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ版マギ七話 感想

バルバッド編突入!
インタビューによるとバルバッド編はじっくりと進めるそうなので、ここからの脚本には少しは期待しておきます。シンドバッドの声は実力のある声優がやっているだけあって安定感がありました。シンドバッド組は悪くないんですがアラジン等主人公組がちょっとなぁ…。ジュダル戦とカシム戦はキリト対ユージーンくらいの出来でやってくれると嬉しいんですが…どうなることやら。

最近のアニメに出てきた王様をまとめてみた
ou.jpg

シンドバッドの冒険ダイジェスト
http://www.project-magi.com/dvd/sample/index.html
元アシがやっているだけあって大高先生の絵柄にかなり近いですね。
ダイジェストですが情報量はかなり多く、色々考察のし甲斐があります。
スポンサーサイト

テーマ : マギ
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ版マギ 五話感想

magi14.jpg
白瑛さんの完全魔装きたー!
そして呂斎さんに負けたー!

普通に白瑛さんに勝たせれば良かった気がするんですが…それじゃ駄目だったんですかね。
金属器使い「白瑛は我ら金属器使いの中でも最弱」
白瑛の魔装は紅玉と比べて普通でしたが、これは従えているジンの姿の差なんですかね。
魔装のデザインは大高先生が提供しているらしいので原作の方も同じになるんでしょうけど、技の方は何となく変わる様な気がします。マグルアルハザード(?)と言っていましたが、アルハザードと聞くと「リリカルなのは」しか頭に浮かばないです。中の人的な意味も含めて。

何故ハルハールインフイガールをアラジンに使わせたのか…これは8巻のあの場面で初めて使うことに意味があるのに。アニメは何で無意味というか後の展開に響く改変をするのかが分からないです。
あとアラジンは助けに来たというより虐殺しにきたように見えました。アラジンの強さを印象付けたかったのか分かりませんが、ちょっとやりすぎた感が…呂斎さんとか死んでるように見えます。

白龍の声は思っていたよりもずっと良かったです。小野賢章さんの演じた役は黒子テツヤとハリーポッターしか知らず、声が合うかどうか分からなかったので不安もあったんですがこれなら大丈夫そうですね。

アニメ版マギ 四話感想

青舜が活躍してる…だと。
呂斎さんに襲いかかるドルジの剣を受け止めるなんて思いもしませんでした。
青舜は一応眷属だけどそこまで強いイメージなかったですし、呂斎さんの事を嫌っているのでああいう展開になるとは意外でした。アニメでは青舜株が上がった代わりにドルジ株は下がっていますね。原作ではトーヤが人質に取られてキレそうになったのに、アニメではトーヤの髪が切られただけでそうなるという。

水樹さんの演技があまり聞いたことのないものだと思いました。落ち着きがあって気品がありそうな声でした。
白瑛役が水樹奈々さんと知らなかったら、誰の声なのか気づくのに時間がかかった気がします。

来週は原作ではまだ出ていない白瑛さんの魔装が見られるそうですね。大高先生がデザインをアニメスタッフに出したという事なので楽しみです!
呂斎さんがいくら有能な人でも、魔装した白瑛さん相手じゃさすがに勝てなそうです。原作だと効率の悪い戦い方をした所為ですぐに魔力が切れていまい、その隙を狙われて負けてしまいましたがアニメではどうなるのか。

テーマ : マギ
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ版マギ 二話感想

OPは一番最初のシーンと金属器の模様が光るシーンが変わっていましたね。

本編の感想としては早くも作画の質が落ちてきたという感じです…二話目でもうこれか!
一話の時は作画が非常によくてこれは期待出来そうと思ったんですが期待出来なさそうです。話が端折られるのは覚悟していたことなんでその辺はまあ良いんですが、二人いたから扉を開く事が出来たという改編は要らなかったのでは…あの扉だと単独で攻略しにきた人は完全に詰みますよね。
脚本の問題だけじゃなく演出もいまいち盛り上がらないというのがちょっと。
演出の微妙さは「ソードアート・オンライン」と同じですね。
少し前までのA-1 Picturesは「WORKING」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」「鉄腕バーディー DECODE」「おおきく振りかぶって」と良作が多かったのに最近はどうしてしまったんですかね。
「ソードアート・オンライン」「新世界より」など同時期に多くの作品を手掛けてる所為で質が落ちているんでしょうか?

アニメ版マギ 一話感想

magi12.jpg
作画が凄い良かった!
「ワンピース」や「フェアリーテイル」の様な一年以上放送するサンデー、ジャンプ、マガジンのアニメだと予算を抑える為か質が低い事が多いんですが、「マギ」は2クールな上に小学館が力を入れているという事で出来が非常に良いですね。

一話の構成に関してはまあこうなるだろうなという気はしていました。作中一の巨乳キャラであるライラさんが登場しなかったのは残念ですが、原作の一話か二話だと短すぎて尺が持たないですからね。これに関しては吉野さんの仕事は悪くなかったと思いますが…ところどころ突っ込みたいところがありましたね。モルさんなら子供抱えたまま逃げるくらい朝飯前なはずなのに…本気を出さないようジャミルに命令でもされていたんでしょうか?

OPの出来は凄い良かったと思います。ただしEDてめーは駄目だ!
下に歌詞が出るところが夕方アニメらしい。曲調は夕方アニメらしかったですが、子供向けになっているわけでもなくて丁度良い感じです。アラアリモルの三人が走っている場面でモルさんのランニングフォームがしっかりしてるところが身体能力高いモルさんらしくて良かった。見切れる夏黄文(笑)。最後のところは何処の真理の扉だよとかちょっと思いました。2クール目になればOPはカシムや紅玉の出番がもっと増える様になるんですかね?

他に良かった点としては背景の良さですね。やはり色がつくと漫画の白黒の時とは違い、背景の情報量というか存在感は増しますねぇ。音楽や背景といった漫画では表現出来ないアニメならではの部分に期待しています。アラジンの中の人の演技力(思っていた程悪くはなかった)や盛り上げる演出について不安な点もありますが総合的にはよかったと思います。

テーマ : マギ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。