スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マギの完全生産限定版の特典がやばい

マギ 1(完全生産限定版) [Blu-ray]マギ 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2013/01/30)
石原夏織、木村良平 他

商品詳細を見る

描き下ろし漫画70P
「シンドバッドの冒険」プロトタイプ/原作:大高忍 漫画:大寺義史
第1迷宮バアルの攻略を目指す覇王・シンドバッドの幼少期を描いた冒険記のプロトタイプ版
マギシール3枚(新規描き下ろしキャラクター:ユナン)
BD・DVDシリーズを全巻購入すると既存絵柄25枚と新柄5枚が揃います。
※ランダム封入ではありません。


特典が沢山あって嬉しいというよりはえげつねぇなというのが率直な感想です。
アニメがどの様な出来であろうと大高先生が特典に数ページくらい何か描くと読んでいたので、最初から買うつもりではいたので不満はありませんが…BDを買う気のないファンやシールを一生懸命集めたファンからしたらふざけんなという内容ではありますね。。
特典がこれだけ充実していると1巻の売上はかなり高くなりそうですね。声優が来るイベントチケット優先販売申込券もありますし、かなりの人数の女性オタが買いそうです。

漫画を描く大寺義史さんはマギの元アシスタントですね。
プロトタイプという事はそのうち大高先生が描いた完全版とかが出るという事なんでしょうか?

新柄5枚はユナン、ムー、シェヘラザード、玉艶、白雄&白蓮。既存絵柄の方は…25枚?
既存絵柄は28枚あるはずなんですが…これはハズレ扱いだった夏黄文3枚が除外される流れですね。
スポンサーサイト

各国の戦力比較

煌帝国

金属器使い
紅炎 シンドバッドにも負けない王の器の持ち主
紅明 実力不明
紅覇 実力不明
紅玉 魔装も可能(国の為に戦うか不明)
白瑛 実力不明
白龍 魔装も可能(国を滅ぼそうとする)

眷属器使い
異形にして巨漢の眷属4名
弓術使い1名 
強力な魔導士3名
身体が頑丈な黄牙一族100余名
回復役1名
剣士1名

その他
マギ1名
迷宮生物兵団数不明

シンドリア

金属器使い
シンドバッド 七つの金属器を持ち魔装も可能

眷属器使い
暗殺術の使い手1名
ファナリス1名
巨漢のイムチャック1名
竜の姿をした軍人1名
剣の達人1名
動物使い1名
槍使い1名

その他
天才魔導士1名

マグノシュタット

魔導士
上級魔導士500名
その他魔導士3000名(学生含む)


煌帝国は一枚岩ではないですし紅玉、白龍、白瑛がどう出るのか分らない部分もありますが、大国だけあって国の保有する戦力はかなりのものですね。中でも迷宮生物兵団と黄牙騎馬隊が恐ろしい。黄牙はファナリスと比べると見劣りしますが、奴隷として買うにはかなりの金が必要になる程の種族なので侮れません。
シンドリアはアラジン、アリババ、モルジアナの三人が加わったとしても煌帝国にはちょっと勝てなさそうです。まぁシンドリアは地形的に守りに徹すればそう簡単には落とされないですし、煌帝国がわざわざ出向いて侵略する価値があるかと言ったら今のところなさそうですがね。
マグノシュタットはマイヤーズ先生と同じ上級魔導士が500名いると考えるとかなり手強い気がします。
ただ上級魔導士の中にはスフィントスに眠らされてしまうような人もいますし、全員が戦闘に強いという訳でもなさそうです。その他魔導士の中にはスフィントスの様な学生もいるので、全てがマグノシュタットの兵士となるわけではないでしょうね。煌帝国は近々侵略しに行くそうですが、まともに相手をするには強すぎる気がします。

マギのここが魅力!

マギ 1 (少年サンデーコミックス)マギ 1 (少年サンデーコミックス)
(2009/12/18)
大高 忍

商品詳細を見る

アニメが放送されたので記念に紹介記事として「マギ」の魅力というか見所を書きました。基本的にここに来る人はサンデー読んでる人みたいなんで、こんな記事を書いても意味がない気もしますが…。

群像劇としてのマギ
序盤こそアラジンとアリババが迷宮を攻略する冒険ファンタジーですが、次第に国家や世界の問題も描かれ始め話の規模が大きくなります。それに合わせ七海の覇王シンドバッドや煌帝国の皇子や皇女など多くのキャラが登場し、主人公以外を主役にした回も増え群像劇としての色が強くなります。
「何が正しいか自分の頭で精一杯考え抜いて導き出した答えを信じて行動する」
共に旅をしてきた仲間であってもやるべき事の為に別々の道を歩んでいき、主人公の仲間としてではなく一人の人間として行動する。己の信念に基づき行動し、時に誰かと対立する事になろうとも選んだ道を進むキャラ達が魅力です。


ハイファンタジーとしてのマギ
最近の漫画、アニメ、ラノベでは現代日本を舞台にした作品が主流になっており、世界の命運を懸けた戦いをしていながら舞台になるのは日本だけという場合も多いです。そうした作品が増えている一方で「ロトの紋章」や「ロードス島戦記」の様な此処とは違う世界を舞台にしたファンタジーは廃れてきています。
そんな中でマギは時代の流れの逆を行くような古典的ファンタジーの匂いを感じさせてくれる作品。
ファンタジーというと騎士達がいる西洋風の世界が中心である事も多い中で「マギ」ではユーラシア大陸とアフリカ大陸をモチーフにした世界を舞台にしており、他にもモンゴル風の国に住む黄牙一族、中国風の煌帝国、ローマ風のレーム帝国など様々な国や民族が描かれています。それ以外にも魔物が住む迷宮や魔法学校が登場しており、読者を見たこともない世界へ誘うハイファンタジーの良さを「マギ」は持っています。


ダークファンタジーとしてのマギ
どこまでをダークファンタジーとして定義するかは人によって違いますが、ここではダークファンタジーとして宣伝されていた「鋼の錬金術師」くらいまでと定義しています。
少年漫画にしては珍しくスラムや奴隷等の重いテーマも扱っており、世界の綺麗な部分だけではなく汚い部分も多く描写されています。生きる為に盗みや殺しも行う人々や復讐に囚われ運命を呪う人々、そうした出来事が無くならない綺麗事だけではどうにもならない世界。世界に異変を起こそうとしている敵組織だけではなく、厳しい世界のあり方にも立ち向かう主人公達の姿が見所の一つです。


大高忍先生の漫画に対する愛情
大高先生は単行本のおまけ漫画やメッセージペーパー等、漫画本編以外にも色々描かれますが中でもバックステージの充実っぷりは凄いです。
サンデー公式サイトにある漫画家バックステージではサンデーに連載している漫画家が読者に向けてメッセージ等を書いています。これを書くかどうかは作者に任されているので、書かない漫画家は殆んど更新しないのですが大高先生はほぼ毎週更新しています。キャラの初期設定画や裏話が多数置いてあるので作品をより楽しみたい人にはお勧めです。

ファンブックと初回特典のシール入手しました

MAGI公式ガイドブック アルフ・ライラ・ワ・ライラ マギ千夜一夜物語 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)MAGI公式ガイドブック アルフ・ライラ・ワ・ライラ マギ千夜一夜物語 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
(2012/09/29)
大高 忍

商品詳細を見る
ファンブック「マギ千夜一夜物語」の感想。
えー…アニメ放送に合わせて急いで作ったためか色々とミスがありましたね。
内容はキャラの身長、特技、趣味、弱点やキャラごとの人間関係などが書いてあります。後は世界地図。
ファンブックは十冊以上は読んでますが、このファンブックは中身があまり濃くなかったですね。作者に対するインタビューや初期設定画などが無いというのが痛いです。大高忍先生は作品やキャラへの愛情をかなり持っている漫画家なので、時間がありさえすればファンブックに書き下ろしを大量に入れてきたんでしょうけど今回はそれが出来なかったようで…。
ぶっちゃけファンブックより下の季刊エスの方が充実してましたね。
http://nizikan.blog.fc2.com/blog-entry-124.html

紅覇は紅炎と紅明とは母親が違うそうですが、兄二人に比べてオシャレ度が高いのは母親の違いなんでしょうか。戦争していないとボンヤリする紅炎や生活力のない紅明よりも紅覇の方が普段の生活ではしっかりしてそうです。
あと紅覇の従者が眷属であり魔導士でもあると書いてありましたが、魔導士って眷属になれましたっけ?
相性が悪いだけでなろうと思えばなれるものなのか、それとも肉体を改造したりして強引になったのか。そこら辺どうなんでしょうね。

テーマ : マギ
ジャンル : アニメ・コミック

紅炎のシールゲットしてきました。

magi5.jpg
少年サンデースーパーには練紅炎のシール+ビックリマギシールの全種類のイラスト+原作一話(カラーページ含む)が掲載されてました。それ以外にアニメ情報とかはなかったはず。マギだけを目当てに買ってる人も多いはずなので、もうちょっとアニメ関連の情報を載せて欲しかったですね。値段もサンデーに比べると高めですし。

magi6.jpg
「戦争をしていない時はぼんやりしている」
良くいえば親しみが持てるけど、悪く言えば世界の王になる者として駄目なのでは…。戦争がある時に本領を発揮する人に平和になった後の世界を統治出来るのか不安。紅炎は強いし頭も切れるけど、世界を統一した後は別の人に王を変わってもらった方が良さそう。
あとあのひげは自分では似合うと思っていたんですね。個人的にはひげ込みで好きですが、基本的にひげキャラってあまり人気出ませんよね。女性人気だとマッチョやひげといった男らしさのあるキャラは避けられ、イケメンキャラに人気が集中しますし。
プロフィール

taida

Author:taida
漫画やアニメや映画の感想や考察などを書いてます。マギの記事が無駄に長くて多いのが特徴。
リンクやTBはご自由に。

カテゴリ
ユーザータグ

ループもの 仮想現実もの 

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。